Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

不在のお知らせ

22日、23日はブリティッシュランに参加のため不在となります。
よろしくお願いいたします。

evel_knievel_02.jpg




  1. 2017/04/21(金) 11:57:20|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0

NEW AMALコンセントリック用スロットルストップスクリュー

S氏によるハイクオリティ仕上げのスロットルストップスクリューが新しくなって登場。
AMALコンセントリックキャブ用です。

P1050089.jpg
「これヴィンテージパーツです」 と言い切っても問題ないのではないかという絶妙なデザイン。
素材はステンレスと真鍮の2種類。

1個1500円にて絶賛販売中!

ですが、当店では販売しておりませんのでお間違えのないように。

じゃあなんで手元にあるのかと言いますと、サンプルを預かっているだけです。

気になる方は、 100mile.garage.mates@gmail.com   に連絡してみてください。今後もかっこいいアイテムを作っていく予定のようです。

他人の宣伝しとる場合かと言われそうですが、S氏にはいつもお世話になっているのでせめてもの恩返しでございます。






  1. 2017/04/20(木) 20:39:57|
  2. パーツ
  3. | トラックバック:0

世界旅行が終わらない

良い子の皆さま、トライアンフだけは絶対に買ってはいけません。

トライアンフで行った数々の楽しいツーリングの思い出や、トライアンフに乗っているからこその行く先々での貴重な人々との出会い、現代のバイクには絶対にない乗り味と程よい身体の疲労感、信号待ちでどんな車両に横に並ばれても涼しい顔でいられる優越感、貴重なものを所有しているというハンパない所有感、それらと引き換えにエンドレスな散財をすることになります。つーかそもそも車両を買うのも高いし。

そう、トライアンフはやめとけ。ノートンもBSAも勿論やめとけ。乗らなければ老後の貯蓄が出来るぞ。

P1050088.jpg
いやー、全体的に調子よくなると、「外装とか変更してみよっかなー」 とかなりますよね。

まさにそれが散財です。トライアンフに乗ってると趣味としての楽しさや豊かな人生と引き換えに知らないうちに散財してしまいます。そして終わりが全く見えません。
それはもはや世界旅行です。

因みに、このバイクのオーナーは世界旅行2周目に突入しています。







  1. 2017/04/17(月) 21:47:39|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

心臓に悪いので寿命が縮む

だいぶん前にも一度書きましたが、わきの下に変な汗をかく作業ナンバー1の別体アロイシリンダーのタペットガイドブロック交換。抜く時は緩くなっていますので案外苦労しませんが、入れるときの緊張感はなかなかのものです。
逆に言うと、タペットガイドブロックがよほど傷んでいたり手で抜けるほど緩いとか、オイルがクランクケースから湧き上がってくるような場合を除けば交換しないほうが無難かもしれません。

P1050084.jpg
この部分、鉄シリンダー&鉄のガイドブロックのノリで行うと大変なことになります。簡単に言うと、嵌め合い1/100ミリぐらいでも挿入途中でアルミとアルミがカジってしまい、途中でロックしてにっちもさっちもいかなくなります。
因みに、プレスで無理矢理やるとシリンダーが割れる時があります。

さて、この緊張感半端ない作業を自分でやってみようという勇気のある方に、当店のやり方のネタばらしをしておきます。
このやり方が正しいかどうかは個人の判断にお任せします。

シリンダー側のガイドブロックが入る穴は楕円になっていることがままありますので、まずここに関しては必要最低限でボーリングして真円にしておきます。
タペットガイドブロックはオーバーサイズのモノを用意し、その穴に対してゼロゼロないしは1/100ミリマイナスに旋盤でサイズ調整をして、ついでにOリング溝を設けます。その後で接触面のみカジリ防止でハードアルマイト加工(すごく高いけど)で太らせ、穴に対して1/100~15/1000ミリオーバーに仕上げます。

で、ココからは挿入の作業です。
シリンダーに対してタペット穴がキッチリ並行の位置を決めてシリンダーとタペットガイドブロックにサインペンでずれないようにマークしておきます。

挿入する前にシリンダー全体を素手では到底持てないぐらいまで加熱しつつガイド穴を局所的に加熱し、タペットガイドブロックはOリングをセットして常温のまま置いておくか、もしくは冷蔵庫で冷やしておきます。
シリンダーが完全に温まったところでタペットガイドブロックにオイル漏れ保険で液体ガスケットを塗り、マーキングがずれないように一気に入れます。熱が一瞬で伝わるので挿入の時間は1秒以下です。

そしたらわきの下は変な汗をかいてます。

我こそは!と思う別体T100、TR5のオーナーの方は挑戦してみてください。あと、トライデントもそうですね。
私はこの作業をやるたびに寿命が縮むのであまりやりたくはありません。

以上、ネタばらしでした。

※画像のシリンダーの下に敷いている木枠は町田スペシャルツールといいまして、ベース面に角度がついておりタペットガイドブロックが垂直になる工具です。
高知県にしか売っていません。







  1. 2017/04/06(木) 20:49:47|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

電気が漏れてます

英車にオイル漏れは付き物というのがもっぱらの噂ではありますが、電気まで漏れていただくのは困ったものです。
数日放置でバッテリーが上がってしまう。そんな車両は暗電流が流れていると思ってください。
別体マグネトーの車両は特にそうですが、高年式になっても純正ハーネスだとIGキーを介さずに常時電源で起動するところがありますので年式関係なく要注意。

P1050075.jpg
6V車両で車両保管状態にて27mAの電流が流れています。この場合、2~3日でバッテリーが上がってしまいます。
そこらへんの道路を走っている今時の自動車、12Vで容量の大きいバッテリーを搭載して時計だの何だの記憶せねばならない機器が沢山付いている車両でもウェイクアップからスリープモードに入った時は20mA以下ぐらいでしょう。
となるとこの数値は相当デかい。
お客様に問い合わせたところ、バッテリーが上がったということは最近では記憶にないとのこと。

P1050076.jpg
私が新たに取り付けたレギュレータが原因なのだろうかとモンモンしながら色々と探り、巡り巡って最終的にリヤのストップランプスイッチの配線を縁切りしてやると電流値が降下。
お客様宅では上がらずに当店入庫後にバッテリー上がり。なんて事はない、車検に行く前にストップランプの球が切れていたので私が交換しました。暗電流はその後ストップランプのサーキットが通電してから流れ出したということです。
当たり前ですが、ランプは2~30mAぐらいの電流では点灯しません。
点灯しないが電流は流れるというサノバビッチ現象。

P1050082.jpg
スイッチを分解して更に頷きました。接点と接点の間に窪みが出来、相手側のスライド接点の突部分がうまいことそこにはまり込んで微妙に通電。
コレひとつ見つけるのでもまあまあの時間がかかっています。

(当店のモットー)

・生産から何十年も経過している車両などは当時の生産クオリティも含めて基本的に信用しない

・海外からやってくるパーツは新品だろうが中古だろうが関係なく信用しない

・外国人は信用できる人もいますが、海外のこの業界の人たちはいい加減な人が多いのでほぼ信用しない

・他店でどれだけ修理されてようが、自分がやった作業以外は基本的に信用しない

・お客様の人柄は信用しておりますが、故障に関する問診は信用度70%ぐらい


お客様が来なくなりそうな当店のモットーですが、信用しないことが信用できる作業につながるということだけは言わせていただきます。



  1. 2017/03/31(金) 22:25:17|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
準備 (7)
修理 (84)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (87)
お知らせ (71)
イベント (20)
その他 (23)
戯言 (23)
パーツ (15)
FOR SALE (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR