Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

心無い修理の痕跡、心無い人

こないだまでの超絶な暑さもどこに行ったのか、めっきり朝晩が肌寒くなりました。
現在、エンジン修理中のボンネはクランクケース連結の3本のBSFボルトのうち一本は正しいのですが、残りの2本はBSCYのボルトとUNFのボルトが無理やり入れてあり、ネジ山が最悪なことになっていました。
どこの誰がやったのかはわかりませんが、過去の修理においても完全にスルーされていたようですので、ここで負のスパイラルを止めるべくきっちりと修理します。

P1080281.jpg
ネジ山が完全に逝っており、トルクをかけるのも恐ろしいです。

P1080275.jpg
当ブログではよく見る光景ですが、例によって慎重にボール盤にセットしてヘリサート修理。

P1080284.jpg
コチラはダウエルピンが入り、尚且つ止まり構造なので、更に慎重にセットしてヘリサート修理。
サラッと書いてますが、事前にクランクケースのスタッドボルト、ダウエルなどを外さないと、ボール盤にセット出来ませんし、位置決めしてクランピング、ボルトアップするのに一箇所30分はかかってます。

P1080287.jpg
コッチ側はストレスなく完了。

P1080288.jpg
コチラは冷や汗かきながらやりました。位置決めと深さが微妙に難しいです。

そんな地味な作業や他にも地味なことをやっていたわけなのですが、本日はその合間に3人の御来店がありました。
一人はタイヤ交換で預かっていた車両を引き取りに来られたお客様でして、精算された後にタイヤを一皮剥きに走りに行かれました。
もう一人は、これから年内に大型免許を取ってバイクに乗ろうと思っているが、ハーレーはみんな乗っているのでどうかなと思っていたところ、たまたま友人と一緒に行った店でトライアンフを見て興味がわいたので、実際に車両を見ながら色々聞きたいことがあるということで来店された方でした。
キチンとしたスーツを着ておられ、丁寧な方でしたので、こちらとしましてもできる限り丁寧にわかりやすく車種、年式、価格等の違いを説明させていただきました。

で、もう一人年配の方がご来店されたのですが、突然店内に入って来るなり……、

年配の方 「こんなところにこんな店あったか?毎日ちゃんと店開けとんかいな、えぇ?」

私 「水曜日が定休日なのでそれ以外は基本的には開けてます…」

年配の方 「これはなんや、ハーレーか、陸王か?」

私 「ハーレーではないですし、もちろん陸王でもないです…」

年配の方 「これは売りもんか?えぇ、預かり?もっと売りもん並べなあかんのとちゃーうんかいな」

私 「一応売り物もあるんですが、基本的にお客様一人ひとり欲しいものも違いますし、イメージしているコンディションも違います。車種、年式にも相当な幅があるので、そんなにたくさん在庫できません…」

年配の方 「バイクはどっから仕入れとんや?」

私 「それは色んなパターンがあるので一概には言えませんが…」

年配の方 「お前ら業者の間でバイクをグルグル回しとるだけとちゃーうんかい」

私 「……。」

こんな感じのやりとりで、かなりイライラしていたのですが、極めつけに…、

年配の方 「なんや、アンタ結局のところ趣味でこんなことやっとるだけかいな」

私 「趣味でやるならわざわざこんな国道沿いで家賃払ってやらずにもっと人里離れたところでやりますよ」

面倒臭くなってきたので冷めた感じでそう返すとさっさと帰って行かれましたが、私の気分は最悪でした。

確かにバイクというものは世間的には趣味のものですが、私としてはお客様にお金を頂いている以上、趣味でやっている気は毛頭ありません。というか趣味で冷や汗かきながら人様の大事なクランクケースに5/16BSFのヘリサートを施す人はいないと思います。私の親戚とかが私に対してそんな風に言うのなら許せますが、初対面でいきなりそんなこと言うのはいかがなものでしょうか。私の性格や態度が気に入らないとか言われるならまだしも、初めて会った人に仕事の内容までとやかく言われる筋合いはないと思います。
全国のプロショップの方々もプライドを持って少しでも良い物に仕上げようと日々仕事をされていると思います。私の知る限りでは趣味や遊びで店をやっている人など一人もいません。みなさん日々ものすごい努力をされています。

私みたいに一人で仕事していようが、何千人規模の大きな会社の中で仕事をしていようが、必ず人間関係というものは付きまとってきますし、生きている以上はずっと続くものだと思っています。相手が丁寧で熱心であれば、こちらもそれに出来るだけ答えれるように努力はしますし、どれだけ時間を割いても惜しくはありません。ですが、冷やかし以下の方に対してはどうしてもそれなりの対応になってしまいます。
太平洋クラスの心の広い人間ではございませんので、そのあたりは何卒ご理解いただきたいと思っております。

こんな事をブログで書くと友人、知人に「その内容、マズくない?」と突っ込まれそうですが、もう書いてしまったので後戻りは出来ません。私としては人間として常識的なことを書いたまでと思っていますので。

心無い修理の痕跡、心無い人の発言にちょっと疲れました…。

  1. 2013/10/30(水) 00:26:11|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<T140ES 販売車両 | ホーム | 5speed>>

コメント

ブログの内容全然間違ってないと思います。上記のような客が来て腹が立つのは、真剣に仕事と向き合ってる証拠やと思います。考え方によれば、陰でコソコソ言う人間ほど激ダサいものはないので、ちゃんと正面から文句言える人間は、まだ遥かにましかなと、、、笑
  1. 2013/10/30(水) 08:59:24 |
  2. URL |
  3. a-rim-a #pIxaKkso
  4. [ 編集 ]

私も個人のサービス業で
同じ経験を よくします

そのような オジンは よーく よーく存在しますね
ほんましゃべり方をしらない人です

私の対処法は オジンと同じ口調で話し返します
そう昔ながらの播州弁です
会社に属してないなら、できます!
別にオジンは なんとも思ってなくてしゃべっているのでしょう オジンはあなたを失礼な奴やなぁと思いません 逆に親近感のわく にいちゃんやなぁと思うかもしれません
頑張ってください^_^
  1. 2013/10/31(木) 13:16:17 |
  2. URL |
  3. スマイリー #-
  4. [ 編集 ]

同業の者です。私も同じ気持ちです。頑張りましょう!
  1. 2017/01/15(日) 22:15:14 |
  2. URL |
  3. ゆうや #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://roundaboutmotorcycle.blog.fc2.com/tb.php/63-d7c87e4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
準備 (7)
修理 (81)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (87)
お知らせ (71)
イベント (19)
その他 (22)
戯言 (23)
パーツ (15)
FOR SALE (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR