FC2ブログ

Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

危険回避

リプロパーツで形状と品質において同等のものが存在するならば、無茶な修理でぶっ壊しても取り換えは効くでしょうが、実際はそういったものばかりではなく貴重なパーツもたくさんありますので、作業は常に緊張感を持って取り組んでおります。

P1040724.jpg
別体T100アロイシリンダー用のタペットブロック。コイツ自体は消耗品なので貴重でもなんでもありませんが、問題はその相手側のシリンダーで、リプロも存在しない非常に貴重なパーツです。ココの交換作業ですが、タペットブロックもシリンダーもアルミで出来ているために交換圧入時にかじってしまい、途中でロックしてにっちもさっちもいかなくなって人生で掻いたことないような汗が噴き出してくるという危険度マックスな部分です。
そして、最悪の場合はシリンダー側が割れてしまい、その瞬間に頭の中で万券が十何枚かは吹っ飛んでいくという地獄に陥ることになります。ヘタすりゃ数日寝込む恐れもアリです。
というわけで、危険を回避するために色々と考えた結果、接触面の表面硬度を上げるというところに行きつきました。画像でもお分かりいただけるかと思いますが、色が変わっている部分が硬度を上げているところです。同素材で柔らかいものを接触させるとカジリが発生しやすいので、片側だけでも質を変化させているというわけです。
もちろんマイクロとボアゲージで寸法を測定したうえで仕上がりを計算して事前に切削しております。当然Oリング溝も加工。

P1040727.jpg
さほどの汗も掻くことなく綺麗にフィニッシュ。今回は嵌め合い1/100ミリを狙いましたが、感触的には2~3/100ミリでも温度差を利用すればいけるのではないかと思いました。素地のアルミのままだと1/100ミリでもカジってしまい、5/1000ミリぐらいじゃないと本当に危険ですが、このやり方だとそうでもないです。

ちなみにこの表面加工は当然ながら外注なのですが、さすがはいい値段するなという料金でした。
しかし冷静に考えるとその料金を払えば貴重なパーツを壊さずに済むので、結果としては非常に安いかとも思います。

このひと手間が高いと思う人、ケチりたくなってしまうような人は、別体T100アロイエンジンには乗らないほうが賢明かと思います。




  1. 2016/06/13(月) 21:30:50|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://roundaboutmotorcycle.blog.fc2.com/tb.php/320-24b885e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
準備 (7)
修理 (106)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (93)
お知らせ (90)
イベント (23)
その他 (24)
戯言 (28)
パーツ (19)
FOR SALE (11)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR