FC2ブログ

Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

より良い素材へ

現在リプロパーツとして出ているモノでも「形は同じだが素材が違う」というものがかなりあります。

P1040606.jpg
クランクシャフト左端に取り付けられるオルタネータのロータースタッドなんかも当時とは材質がかなり違っており、リプロパーツは柔らかく伸びやすい為、トルクをかけて締めたつもりでも伸びによってナットが緩んできてローターのキー溝の破損につながったりします。
なので材料の強度を上げて製作してみました。グラッドストーンからの要望もあったので折半で製作しました。
モチロン職人とは程遠い私が作ったわけではなく、その道のスペシャリストであるS氏の手によるものです。

P1040612.jpg
手に取って見れば相当なハイクオリティなのですが、エンジンを組んでしまえば全く見えないというシロモノです。でもこういう所こそ手が抜けません。そもそもこの部分が7/16ということにかなり無理があるように思いますが、今更言っても始まらないので出来ることを確実にやるまでです。

先日、地域情報サイトの営業のお姉さんが来て、広告を載せませんかという内容で少しお話したのですが、なにぶん業務内容が異常に偏っているのでとりあえず丁重にお断りしました。
バイクを扱っているのでバイク屋という認識で向こうは話しているのでしょうが、私としてはこの店はバイク屋とは思っていないので、そのあたりでややズレがあったように思います。では何屋なのかと言いますと、単なるトライアンフ専門店です。店内にあるものの殆ど全てがトライアンフをより良い乗り物にするためだけにあるようなものなので。一部ノートンとかBSAのものもあるにはありますが、まあ少ないです。あとは私の生涯を通しての研究という側面もありますので、営利目的全開でやっても仕方がないように思います。

その営業の方が帰り際に「とても閉鎖的ですね。殻に閉じこもっていますね」というようなことを言っておりましたが、閉鎖的なやつが他人の乗り物を良くするためにわざわざパーツを特注しないのではないかとも思います。
下町ロケット風に「顔洗って出直して来い!」と言いたかったところですが、まあ二度と来ることはないと思いますので、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」の歌詞にある「ワルイなあ、他をあたってくれよ」ってのが適切な言い方のように思います。


  1. 2016/03/18(金) 22:00:38|
  2. パーツ
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://roundaboutmotorcycle.blog.fc2.com/tb.php/307-0244e510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
準備 (7)
修理 (106)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (93)
お知らせ (90)
イベント (23)
その他 (24)
戯言 (28)
パーツ (19)
FOR SALE (11)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR