FC2ブログ

Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

相性

英国のクラシックバイクの修理をしていると、どういうことかね、コレ?というような場面に出くわすことはよくありますが、突き詰めていけば全ての箇所でそういうことがあるので、毎日やっているとなんだか非常に疲れます。

P1040508.jpg
五速のハイギヤとローラーベアリングなんかにも相性があったりして、非常に困ります。ベアリングが痛んでいるとかそういうことではなく、コレはもう単純に相性です。新車を工場で組み立てていた時はどうしてたの?って感じですが、知り合いにトライアンフのファクトリーに昔勤めていたという人がいないので未だに謎です。
この部分は4速のソレとは構造が異なっており、ハイギヤのデカナットを締めてもガタが出たり、反対にロックしてしまったりすることがあり、要注意です。元々入っていたベアリングとハイギヤの組み合わせが最も信頼できるので、ベアリングが痛んでいなければむやみに交換することはないのですが、今回は元々入っていたベアリングの相性が良くないようで、ナットを締めたらフルロックしました。

P1040513.jpg
右が新しいベアリングですが、このベアリングは現在私の知るところでは一社しか生産しておらず、なおかつ非常に高価です。基本的にローラーベアリングはボールベアリングに比べて高価なので致し方ないのですが。
ベアリングとハイギヤに相性なんかあるのか?と思われがちですが、実際に何台もその部分の作業をやってきたので、あるんですよ、としか言えません。
国産車と同じノリで作業するとエラいことになるというか、とにかく精度が悪いことが多々あるので、大変です。逆を言えば、国産車がキッチリ組めるのは半分は精度に助けられているということです。ちなみに、エンジンだけが精度が悪いということではなく、困ったことにほぼ全ての部分が精度悪いです。

P1040517.jpg
そんな精度の悪いバイクに使うためにまあまあの精度のパーツがはるばる海を越えてやってきますが、これだけの量のパーツを片付けるのは本当に地獄で、当店ナンバー1の心の底から嫌な仕事です。

P1040520.jpg
月に数回、この片付け作業を散らかしながらやっておりますが、精度の悪さと、妙な相性を兼ね備えたクラシックバイクの修理を進めるために、泣きそうになりながらやっています。
ただ、自分で海外からパーツを買い、常にパーツの最前線にいるということは、それだけで技術と知識の向上につながるので、嫌でもやらなければいけません。
てことで、今後も自分で自分を追い込んでいこうと思います。


  1. 2016/01/19(火) 22:32:03|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://roundaboutmotorcycle.blog.fc2.com/tb.php/296-17a3fac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
準備 (7)
修理 (106)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (93)
お知らせ (90)
イベント (23)
その他 (24)
戯言 (28)
パーツ (19)
FOR SALE (11)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR