FC2ブログ

Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

クラッチ全滅

クソ暑いのでとっとと作業と事務仕事をやって、とっととブログを書いてさっさと帰宅するという、ラウンドアバウト・サマータイムブルースシステムで毎日を過ごしております。

P1040016.jpg
わりと遠方からご依頼の57年サンダーバード。腰上はユニットボンネのツインキャブで走り重視になっておりますが、あとはまずまずストックの状態。

P1040028.jpg
ボイヤーのフルトラが装着されておりましたが、ひとまずコイルは12ボルト直列になっていたので要変更。

P1040020.jpg
用心深いのかソリッドステートレギュレータなのにツェナーも付いておったのでツェナーは撤去します。

P1040038.jpg
コレはちょっと初めてな感じですが、マニホールドがかなり歪んでおります。ボンネの鉄のマニホールドも歪むんですね。中からライトで照らすと歪みが一目瞭然。紙ガスケットを入れてもごまかせないレベルの歪みです。

P1040037.jpg
オルタネータの配線は溶けて危険な状態。配線はその他の箇所も怪しいところがあったので要修繕。画像にはないですがブレーキスイッチもヘンテコなものが付いていたので純正に戻します。

P1040042.jpg
ちょっとわかりにくですが本来チェーンガードの前側のステー部分が付くところになぜかグリスニップルが装着されております。スイングアームの内部をグリスアップするのか?よってチェーンガードは後ろでしか止まっておりません。

P1040047.jpg
極めつけはコイツ。クラッチダンパーユニット内部が激錆び。カウンターシャンクスクリューを外すのもかなり苦労しました。ゴムは完全に硬化して岩のようになっています。

P1040067.jpg
カウンターシャンクの頭だけと両プレートの表側とダンパーボディの外側だけメッキされており、内部がこれだけ錆びているということは、おそらくダンパーユニットを分解せずにメッキをかけたのではないかと思います。メッキは下処理で酸洗いをしますので内部に酸の液が残ってしまい、それでこういうことになったのではないかと思います。あくまで想像ですが。どのみち交換なのですが、スパイダーとハブの嵌め合いはガタガタです。

P1040070_20150807213328552.jpg
コレだけでも使えんかなと悪あがきをしております。マイナスカウンターシャンクが取れない場合はギリギリまでドリルでもみとって薄皮一枚をタップで撤去するという技がありますが、1BAのタップがないと話になりません。BAのタップは英車屋には当然ありますが、英車を扱っていても持っていない店というのも存在するので、その場合は英車屋ではなくバイク屋ですかね。

P1040072.jpg
クラッチプレートもこんな感じになっており、当然ハウジング側もガタガタです。

クラッチ全滅!

別体にはよくありがちなことですので、粛々と修理していくまでです。







  1. 2015/08/07(金) 21:47:07|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://roundaboutmotorcycle.blog.fc2.com/tb.php/260-b289011d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
準備 (7)
修理 (106)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (93)
お知らせ (90)
イベント (23)
その他 (24)
戯言 (28)
パーツ (19)
FOR SALE (11)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR