FC2ブログ

Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

段々とチョッパーが好きになってくる

昼間は店内の気温が35度になるので一日中店にいると夜にはヘロヘロになっており、ブログを書く気にならずに完全にサボっておりました。今年はとりわけ暑いように思いますが、年齢と共に体力が落ちているだけなのではないかという気もします。

P1030957.jpg
過去に悪行がなされていると修理するのもとても面倒くさいことになってしまいますが、面倒な修理をするのが仕事なのでヘリサート修理を施してみたりします。イケールの垂直度とヘッドガスケット部分の垂直度とインマニ取り付け部分の平行度に全てが賭かっておりますが、なにぶん信じる心が大事です。

P1030971.jpg
こんな感じで修理完了。イギリスインチのヘリサートはおそらく英車屋にしか置いてないと思いますので、自分のバイクをお店に修理に出すときは本当にその店に出していいのかどうかよく考えてから出してください。ツケは必ずどこかで回ってきますので。

P1030973.jpg
正規のバンジョーボルトで悪くない仕上がりになっております。

P1030977.jpg
組み込んで始動するとWEBCOからオイルがガシャ漏れでしたが、必殺技で止めておきました。今回修理のために分解したところは今のところオイル滲みはゼロ。あとは走行後にチェックします。マグはお客様が持っていたK2FCをイギリスにてオーバーホール。コンデンサーは例のヤツで最高です。点火時期は左右でズレがクランク角で1度以下。これこそがマグのオーバーホールです。日本にはLUCASとBTHのマグネトー専門店というのが存在しませんので、イギリスに送るのが最も確実で結果安いです。マグに関しては皆様がどういうふうに考えているかよくわかりませんが、マグネトー専門店が所有している設備とパーツのストックを見れば考えるまでもないように思います。一体何のために専門店というものが存在しているのか、ということです。因みにハーレーのマグネトーはLUCASとは全く構造が異なっており非常に作業者に優しい作りになっていますのでちょっと羨ましかったりします。戦前のハーレーに付いているボッシュ製のは見たことないのでどんなものかよく知りません。

P1030984.jpg
ダイナモは生きていましたが、レギュレータがダメでしたので内部に現在最も信用できる最新式のものを仕込んでおきました。こういう車両は見た目の雰囲気を壊さないことが大事です。念のため放熱用の穴をあけておきました。ボックス中央のナイス!ステッカーは死んでも剥がせませんのでソレを避けてドリルド。悪趣味とハイセンスに付け加え、内部にハイテクも融合しておきました。

P1030989.jpg
走行風が抜けるかどうかは微妙ですが、反対側もドリルド。無いよりマシです。

P1030992.jpg
明日から涼しい時間を狙って長時間の試乗をします。私の手首が初期の族ZOKUバーに耐えれるかどうか不安ですが、この車両を見ているとチョッパーが段々好きになってきたのでちょっぴり楽しみではあります。




  1. 2015/08/02(日) 22:05:06|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://roundaboutmotorcycle.blog.fc2.com/tb.php/259-24c5ae72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
準備 (7)
修理 (106)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (93)
お知らせ (90)
イベント (23)
その他 (24)
戯言 (28)
パーツ (19)
FOR SALE (11)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR