FC2ブログ

Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

1969 T120 フロントフォーク

フロントフォークのオイル漏れが酷いということで修理いたしました。走行中、フォークの動きもゴツゴツした感じでスムーズではなかったので、ついでに各部チェック、修正、清掃。P1070304.jpg
フォークのボトムを直接バイスで挟むと塗装を傷付けてしまうので、別に用意したシャフトをバイスに固定して、更にフォークを固定。この時にシャフトとフォークの垂直具合もチェックします。具合が悪ければ要修正。

P1070306.jpg
SSTでシールホルダーを外します。フックレンチみたいなものでも回せますが、当店は看板にTRIUMPHと書いてある以上、専用工具を使います(無駄にパーツを傷付けたくないので)。

P1070307.jpg
Oリングがカチカチになり切れております(しかも全く違うサイズのものが入ってました)。69年と70年はこのOリングが入っていますが、まあこれがなくてもシールホルダーのネジ部に液体ガスケットを塗るので漏れてはきませんが、一応正規のサイズの新品に交換。オイルシールも当然交換。

P1070309.jpg
フォークのブッシュ及びシャトルバルブの取り外しにはこれまたSSTが必要です。60年代のフロントフォークを分解するとロワーブッシュの固定ナットは大体タガネかマイナスドライバーでどつかれた痕がありますが、当店は近くに平成の大改修中の世界文化遺産、姫路城があるので、同じく文化遺産であるトライアンフの修理には、姫路城の改修に従事している職人達に恥じぬように専用工具を使います。

P1070310.jpg
組みあがったフォークを車両に装着するのもSSTを使います。というかこれがないと、組むのが不可能なのではないかと考え込んでしまうぐらいやりにくいと思います。

組みあがって試乗しましたが、以前のゴツゴツ感もなくなりスムーズな動きになりました。
たかだかフロントフォークの分解ですが、数種類のSSTが登場いたします。なくてもなんとかなるんでしょうが、如何せん世界文化遺産、姫路城が近すぎるのでテキトーなことは出来ません。
もう少し姫路城から離れたところで店をやればこんなにたくさんの工具を買わずに済んだのに、と思う今日この頃です。
  1. 2013/06/13(木) 22:52:08|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<来店 | ホーム | 電話とインターネット回線の開通>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://roundaboutmotorcycle.blog.fc2.com/tb.php/14-87376d84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
準備 (7)
修理 (106)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (93)
お知らせ (90)
イベント (23)
その他 (24)
戯言 (28)
パーツ (19)
FOR SALE (11)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR