Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

不在のお知らせ

8月1日月曜日は遠方に納車に出ておりますので不在になります。
よろしくお願いいたします。

giantcarb.jpg



  1. 2016/07/31(日) 18:04:58|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0

いつもありがとうございます

先日修理が完了してお返しさせていただいたお客様からベルトをいただいてしまいました。
新潟という遠方にもかかわらず、わざわざ当店にご依頼していただきありがとうございました。

P1040787.jpg
一度もお会いしたことないのですが、なぜかジャストサイズなところにプロ根性を感じました。

この前は岡山のお客様に桃を頂き、丹波のお客様からは黒豆ももらったりしており、それ以外にもかなり色々な方からお酒とかお菓子とかその他色んなものを頂いております。何だかもらってばかりで非常に恐縮です。

作業に対して正規の料金を頂いておりますので、それ以上に何かを貰ってしまうと90度以上にお辞儀してしまいそうな勢いです。

皆様、いつも本当にありがとうございます。非常に感謝しております。


:追記
当店のブログで紹介させていただいても宣伝効果はなさそうですが、ベルトを頂きましたので微力ながら紹介させていただきます。

新潟県上越市のレザーとシルバーのお店です。ハーレーのキャブのパーツなんかもオリジナルで製作しております。
REVLIS ←ポチっとしてみてください

オーナーの日記が下ネタ満載で最高です。ベアリングの圧入と夜の圧入…、ハイセンスですね(笑)



  1. 2016/07/29(金) 21:21:14|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0

クラッチにおける注意点

さて、次はどの山に登ったろうかな。できれば渓谷がきれいなところが望ましい。水量が豊富であればなお良し。当ブログは山と渓流のアウトドアブログになっていくのではなかろうか、そんなことを考えながら毎日を過ごしていますが、作業は集中してやっております。

P1040771.jpg
当店でよく見る風景、私はしょっちゅう見ている風景ですが、ここは手が抜けませんのでキッチリやります。
世間ではガタなしクラッチが流行っておりますが、注意すべき点が多かったりします。

P1040774.jpg
一般的にはスパイダーの端面を削ってガタを減らすわけですが、ダンパーを入れない状態での調整がセオリーです。ダンパーを組んでから削っているのを何度か見たことがありますが、バックプレート、アウタープレート、スパイダーにもクリアランスがありますので、ダンパーを組んだ状態で削ってしまうと、そのクリアランスの分が後で影響してしまいます。なんだかよくわからない説明ですが、とにかくそういうことです。あとはルーズローラーとクラッチハウジング側のリング部分の相性とかも重要で、ガタつきに影響してきます。

当店でガタなしクラッチにする場合はスパイダーとバックプレートはほぼ交換しております。なぜかといいますと、結局のところこの二つが減った状態でスパイダーの端面だけを削ってもセンターナット裏のワッシャーの部分のつじつまが合わなくなり、今度はダンパーユニットにガタが出て本末転倒になってしまうからです。
なので、スパイダーとバックプレートがまずまず使える状態の場合で、クラッチハウジングにさほどガタが出ていない場合は、あえてガタを取らない場合もあったりします。ケースバイケースですのでこのへんの判断は難しいところではありますが。ユニットはスラストワッシャーが入る構造なので、別体とは違った味付けでやっていたりします。

P1040777.jpg
ちなみに、別体のセンターナットの裏に入っているワッシャーは強度不足で反ってくるのとロックワッシャーがうっとうしいので、いつも当店オリジナルのスペシャルハイクオリティワッシャーに入れ替えております。

P1040775.jpg
別体のクラッチハウジングは設計不良なのではないだろうかとよく思います。クラッチプレートがひっかかる部分がよく傷んでしまっているのを目にするからなのですが、新品入れても多分同じことになると思うので、やはり設計が甘いということなのでしょう。ユニットになってゴツい鋳物に変更されることを考えるとすごく頷けるところであったりします。

別体クラッチハウジングに関しては、実はもっといいやつがあるのですが、ソレに関してはもっともっと良くしたい人専用のパーツだったりします。私は自分用に一個隠し持っていますが。

今日の内容はなんだか非常にプロっぽいですね。






  1. 2016/07/26(火) 21:55:42|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

違う景色

トライアンフは飽きない。ブログを書くことにはすっかり飽きておりますが、トライアンフはなんだかんだで飽きが来ないということです。
なぜ飽きないのかということを考えたところ、様々な体験を含めて違う景色を見せてくれるからであろうと思います。
トライアンフは現行バイクに性能で勝るところは一切ございませんが、性能以外で勝るところは山ほどあるように思います。

トライアンフを所有すると、人生がもうワンランクステップアップしたように感じますが、それも多分見える景色が違ってくるからなのではなかろうかと。如何せん、最近は車両が高すぎるので簡単に乗ることはできませんが、時代の流れなので仕方ありません。

P1040768.jpg
別体プライマリーを分解して、内部のパーツも含めて非常にマトモな感じなのは極めて稀ですが、オーナーの普段の行いが良いというより、オーナー自身が安物買いの銭失いをしない車両チョイスをしているということですね。
安いトライアンフはヤフーオークションなどに売っておりますが、細部の見極めが出来ない場合、後でとんでもないことが起こる可能性がありますので、くれぐれもお気を付けください。

さて、ブログを書くことに飽きておりますので、作業の内容はコレでおしまいです。

P1040769.jpg
最近、この手の商品が流行っておりますが、コレはマジで効きます。今シーズンはほとんど蚊を見ておりません。香取線香はもうこの世に必要ないのではなかろうかと思ってしまいます。大体からして蚊取り線香は煙たいですしね。

IMG_1191.jpg
先日、朱山氏が来店された時にイヌワシがどうのこうの言っていたので、ちょっと期待しながら氷ノ山に行ってきましたが、ヘビしかおりませんでした。クマは勘弁してほしいですが、ちょくちょく木に爪跡が付いていたのが気になりました。

こうやって山頂から見ると、これもまた普段とは違った景色ということで。
飽きの来ない人生というのはもう一歩踏み込んで違う景色を見続けることにあるような気がします。





  1. 2016/07/22(金) 21:42:22|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0

漏れない努力

英車とオイル漏れはセットですが、なるべく漏れないほうがいいといいますか、漏れない努力はかなりしております。
ユニットなんかはだいぶん漏れないように組める気がしておりますが、それでも100%漏れがないということはありません。
別体に関しては、そもそも漏れる構造のところがかなりありますので、ユニットに比べると漏れに対するハードルは高めです。
特にプライマリーなどはそのまま普通に組むと構造上確実に漏れます。ある程度まで漏れなくする対策もあるのですが、根本的に構造を変えるといいますか、色々やらないといけないので大変ですね。

P1040763.jpg
オイルが漏れる原因としては色んな要素があるのですが、イギリスからやってくるガスケットにヘボいモノがあるというのも原因の一つですね。随分前から、ここのガスケットは何とかならんのかと思っていたところがいくつかありまして、ダイナモのコルクガスケットもその一つです。このコルクガスケット、2BAのスタッド部分の位置が微妙で、無理やり入れるとちぎれたりします。もう少し内円ギリギリに穴が開いていてほしいのですが、コルクという性質上ギリギリだとそれはそれでちぎれるというよくわからないものです。
形もこんないびつな形状でなくても良いので、ラバーシートから切り出して作ってみました。意外と大変といいますか、ビシっと丸く切り出すというのは案外難しいものです。5個作ってめんどくさくなったのでやめました。ちなみに最初に2個失敗しましたが。

P1040766.jpg
キッチリとオイルが止まってくれるかどうかは使ってみないとわかりませんが、コルクガスケットを使ってもどうせ漏れてくるので、試してみる価値はありそうです。全然ダメならコルクに逆戻りするかもしれませんが。

オイル漏れに関しては、終わりのない戦いが続きそうです。


  1. 2016/07/12(火) 21:05:17|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

何とかするしかない

過去に一度でも後先を考えない修理がされていると、残念且つ当然ながら後が大変です。

P1040753.jpg
サンププレートからオイル漏れしている車両はよく見かけますが、一旦外さないと止まるものも止まりません。
でもって外したら、スタッドボルトが5/16になっておりました。しかも全ネジ。もちろんフィルターもプレートもそれに合わせて穴が拡大されております。過去にケース側のネジ山がダメになったのでしょうか、5/16に拡大する前にもう少しよく考えてから修理しろ、と声を大にして言いたいところですが、あとの祭りです。

別体サンププレートのスタッド穴は貫通しておりますので、全ネジではエンドレスにネジが入っていきます。そのあたりは何も考えていなかったのか?

P1040752.jpg
ケースがバラせない状態での修理なので根本的に1/4に戻すといった修理は無理です。
仕方がないのでスタッドボルトは作りました。片側BSWで片側BSCY。一瞬で出来ているようにみせかけて、実際のところはスタッド4本作るのにまあまあ時間がかかっております。

P1040756.jpg
なにが面倒かといいますと、ガスケットの穴も5/16に拡大しなければいけないということです。あと、おそらく1本だけスタッド穴が斜めになっているのでしょうか、サンププレートも180度逆にすると入らないというオチが付いていました。

P1040760.jpg
テルテールからもオイルが漏れていましたので、ここも修理。サンプの漏れを止めても、ココが漏れているとクランクケースを伝ってオイルがサンププレートに流れていきますので、サンプ側の漏れが直っているのかどうかわからなくなります。
W社のステンレス製ですが、タイミングカバーに対してネジが最後まで締まりきらず、ファイバーワッシャーがキッチリと潰れていない状況でした。通常のファイバーワッシャでは厚みが足りないので、あの部分のあのファイバーワッシャが丁度良いことを発見し、ソイツで対応しておきました。もちろん内部のチューブもしっかり交換してあります。
テルテールに関しては、リプロを含めて数種類存在します。漏れに対する内部の構造もそれぞれ違いますので、モノに応じてそれぞれのやり方で対応しております。

一回でも変な修理がされているとリカバリー修理が大変ですが、それに応じて臨機応変にやっていくしかないです。
当たり前ですが、純正の状態でただ単に経年と使用による傷んだ状態というのが最も修理しやすく、時間もかからず、コストも安くつくということですね。






  1. 2016/07/09(土) 20:53:42|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

お馴染みのクラック

夏が来たので当然ですがすごく暑い。
この時期に飲むコーラはうまい。冬の乾燥した季節にたまに飲むコーラもうまいですが、やはり炭酸は夏との相性が良い。
まあしかし、オールウェイズコークとは言い得て妙かと。

P1040745.jpg
広島からのご依頼でデュープレックスのトロフィー。細部がなかなかいい感じで決まっており、あまり目にすることのないマトモな感じです。

P1040747.jpg
オイル消費がハンパないということですが、ピストントップはこんな塩梅でベトベトです。8本スタッドに9:1はトゥーマッチです。

P1040749.jpg
いつものクラックですが、スリーブすらも入っていないのでかなりのエアを吸っていたであろうと想像しますが、ピストンのクリアランスが驚愕の20/100mmだったのでオイル上がりまくって冷やされてギリギリセーフだったのではないかと。
お馴染みの8スタッドのクラックですが、シートリングとヘッドボルト穴の距離が近すぎるために起こります。対症療法としてスリーブを入れるというのが一般的なやり方ではあります。しかしながらそれで直っているのかどうかというと、非常に曖昧といいますか、ほぼ神頼みに近かったりします。「いや、俺のヘッドはスリーブで直ったぜ」という方もおられるでしょうが、スリーブを入れてもデトネーションでピストンに穴が開いたりということも実際にはありますので、問題なく乗れているのは運によるところが大きかったりします。クラックの具合もヘッドによってマチマチですので。高速で120キロ巡行をしてみて問題なければ強運の持ち主ですね。

それなりのコストと時間をかければキッチリと直すことも実は可能だったりするのですが、それなりのコストと時間というのが一般的でなかったりします。

アルミヘッドの8スタッドヘッドは悩ましい限りですね。


  1. 2016/07/02(土) 20:53:39|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
準備 (7)
修理 (84)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (87)
お知らせ (71)
イベント (20)
その他 (23)
戯言 (23)
パーツ (15)
FOR SALE (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR