Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

スイッチは新品でも要チェック

この前、ラバー問題について書きましたが、そこまで深刻ではないものの、スイッチなんかも不良品が多いので使用前には要チェック。

P1030386.jpg
76~78年あたりまで純正で使用されているハンドルの左側集合スイッチ。純正はLUCAS製ですが、こちらは今現在入手可能な新品のリプロパーツ。このパーツ、見た目が割と忠実に作られており、無駄にパッシング機能なんかも付いているので、個人的にはけっこう好きで多用しております。

P1030387.jpg
このスイッチは必ず分解してから使用しないといけません。今回は配線の被覆がめくれておりましたので処置を施しておきました。以前は最初からホーンボタンが内部でズッコケていたりしたこともあります。内部のチェック後はサーキットテスターで全ての作動チェックをすることも必要です。

P1030392.jpg
ま、そんな面倒くさいスイッチではありますが、英車の部品なのでしょうがないですね。このスイッチだけではなく、あらゆるスイッチがそんな感じです。NOSのパーツとかが作りは一番しっかりしているようにも思いますが、それはそれで内部に緑青がわき気味だったりするので、どっちみちチェックは必要です。

しかしこうやってパーツが付いている様を見ると、「カッコイイから仕方がないか」 と妙に納得してしまう自分がいるのが恐ろしいところです。
何事もカッコイイというのは重要ですので。


  1. 2015/03/30(月) 20:31:35|
  2. パーツ
  3. | トラックバック:0

たまにはBSA

トライアンフメインでやっておりますが、意外にもご近所にA10を所有されている方がおられ、修理を受けさせていただきました。

P1030380.jpg
諸般の事情により2年程は乗っていなかったそうで、他にもC15と戦前のBSA (車種は忘れました) を所有しておられるそうです。店からクルマで10分ほどのところに保管されているのですが、車両自体が走っているのを全く見かけることがなかったのでちょっとビックリしました。

P1030384.jpg
細かいところですが、結構いいパーツが付いてます。車両も全体的にかなり綺麗でいい感じですね。

ということで珍しくBSAなんかやっておりますが、トライアンフ以外は基本的にあまり遠方からの依頼は受け付けておりません。トライアンフも持っててBSAも持ってる的なパターンは受け付けるかもです。今回はご近所さんなのでやらせていただいております。まあ遠方からの依頼自体がないとは思いますけどね。パーツの注文なんかは受け付けております。

P1030366.jpg
この前のブルーインパルスは目の前に街路樹があってどうしようもない画像しか撮れませんでしたが、生で見たことに意義があると自身を納得させました。
本日はそんなダメダメな画像でおしまいです。




  1. 2015/03/28(土) 21:13:06|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

不在のお知らせ

26日木曜日の午前中は姫路城にブルーインパルスを観に行っております。その後で少し予定がありますので、昼過ぎぐらいまでは不在となっております。申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

de.png



  1. 2015/03/24(火) 19:55:23|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0

ラバー事情

トライアンフに限らず、英車全般に言えることかもしれませんが、とにかくラバー関係の出来が良くないですね。
形は大体似たようなものなのですが、質が悪いものが多いです。耐久性に難あり。

P1030335.jpg
T140、T150のメーターカップラバー。コレは当時からの純正なのかどうか定かではありませんが、レプリカのパーツを取り付けても遅かれ早かれ同じような状況にはなります。

P1030341.jpg
この部品は各メーカーが生産していると思われ、某所から取り寄せるやつは結構ショボいです。今回付けたやつはおそらくイングランド製のまあまあのやつで、現状で把握している中では一番いいと思われるやつです。しかし耐久性に関しては時間が経ってみないとわかりませんね。このパーツのトップクオリティのものが存在するかどうかも今のところはなんとも言えません。

P1030342.jpg
私のバイクに付いているグリップと同じものなのですが、かなり古いデッドのものであるにも関わらず、ゴム自体がトップクオリティなので、多分私より長生きします。同じゴムから出来ている部品なのですが、とんでもなく品質に差があります。グリップもショボいやつは付けたその瞬間から崩壊していくものがありますので。

P1030350.jpg
右下にジャパンメイドであることが明記されておりますが、昔はアメリカの会社が今で言うところの中国生産と同じように日本に下請けとして発注しておりました。ですが、そこは日本の底力、必要以上に高品質です。結果として高品質過ぎたがゆえに下請けから脱却し、今のメイドインジャパンブランドというものがあるということですけどね。

P1030351.jpg
横浜ゴムとか住友ゴムとかオカモトコンドームあたりの会社を定年退職された方とかが、イギリス、台湾、インドなどに渡って技術指導していただければ良いものが出来そうな気がしますが、コスト面で合わなくなってきたりすると思うので現実は難しいんでしょうね。

ラバーパーツに関しては、現状生産されているパーツの中からなるべく良いものを選択して使用していくという作業がエンドレスに続きそうです。




  1. 2015/03/23(月) 22:07:18|
  2. パーツ
  3. | トラックバック:0

作業内容などなど

「あったかい、なんてあったかいんだ!これが翔子さんなんだね」
「私も鉄彦さんの血を感じるわ!」

某小説で主人公が長年恋い慕ってきた女性と初めて交わるシーンのセリフですが、エロいことを言いたかったわけではなく、最近このセリフが出てしまいそうになるぐらい暖かくなったということが言いたかっただけです。

いつもそんなこと考えながら仕事しとるのかっ!なんて思われてしまいそうですが、そんなことは全然なく、比較的マジメにやってます。

P1030313.jpg
67年TR6はホイールベアリングのリテーナやスペーシングシムが入っていなかったり間違っていたりしたのでマジメに組みなおします。

P1030324.jpg
途中の画像もなく、いきなり出来上がってる画像ですが、今回もあまり好きではないリムの振れ調整でフムフムしておりました。やはり純正DUNLOPリムに比べると、リプロのリムは精度がいまひとつですね。所々波打っていたりしますので、国産リムのようには作業が捗りません。
ただ、コスト面でいうと古いリムを再メッキするより新品リムにしたほうが良かったりするので難しいところです。T140のリヤに関しては、古いやつを使用したほうが間違いが起こらないのですが。

P1030329.jpg
フレームはこんな感じです。フォークは組んでおきました。ブッシュ問題とフォークブーツ問題とトップナット問題など世間では解決していない問題が多いこの時代のフォークですが、どのみちキッチリ組んでも、T140のフォークほどには良くならないので、まずまずのところを狙って組んでおります。

こんな調子で日々作業は進んでおりますが、個人的には過ごしやすい気候になってきたので、どこかへ出かけたい衝動に駆られております。

そういえば今年もぼちぼち花見のシーズンですね。

  1. 2015/03/20(金) 22:12:22|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

トライデントの腰上ですが

最近、作業内容のことをあまり書いていないような気がしないでもないので、今日やった作業ではないのですが、「オレのバイクはどないなっとるとですか?」 とオーナーも思っているかもしれないことを考慮し、ひとまず進捗具合なんぞを書いておきます。

P1030208.jpg
「白煙が止まらんですさかいに」 ちゅーことで腰上分解のトライデント。2気筒とはちょっと違ったスタッドボルトの感じですが、見たことある人にとっては特にどうということもないので気にせず先に進みます。

P1030213.jpg
ガッデムサノバビッチピストンコンディション!!そりゃ白煙もとまらんわな。リングはオール固着です。

P1030203.jpg
プラグはこんな感じです。当店に入庫していただく道中、突如パワーが落ちたと仰られておりましたが、なるほど納得。

P1030216.jpg
ということで、これらは全て本日の作業ではないので、既に全てのパーツの洗浄も終わっております。現在は内燃機加工に出しておりますので、当店にはありません。
ピストンは次のオーバーサイズに移行するとみせかけて、グラッドストーン直伝の必殺技で同サイズでボーリングしております。
えっ、その必殺技を教えろって?無給で浜松に修行に行けばひょっとすると教えてくれるかもしれません。

「持つべきものは Pacific Ocean サイズの心を持つ師だな」 としみじみ感じる今日このごろです。


  1. 2015/03/14(土) 23:49:35|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

OFF LINE & RIOT

実は、土曜日は朝起きて、自宅の窓から外を見ると思いっきり雨が降っていたので、ブリットブラットに行くのは中止しました。
神戸はあまり降ってなかったそうですが、姫路は午前中小雨で午後から本降りになる予定でしたので…。

そうさ!、小雨ごときでバイクに乗らない私はヘタレなのさー!!
濡れて帰ってきてから仕事するのが嫌だったのさー!!

ごめんね、前田さん、次回は一週間前からテルテル坊主作っときますんで…。

土曜日の件の許しを請うたところで、日曜日の OFF LINE & RIOT の内容でいってみまーす。

P1030263.jpg
道中の画像などは一切なしで、いきなり会場の様子から始まってますが、道中は同乗のお客さんとの話に夢中になり過ぎて全く画像を撮っていません。そして実は何度もこの会場に来ているにも関わらず、高速で道を間違えるなどのダサいトラブルもありまして、なんやかんやで30分以上はロスしました。

P1030258.jpg
ま、こういうイベントは実際に行ってみないと雰囲気とかは味わえませんので、頑張って行った人のみが感じれるものがかなりありますよね。画像では到底伝わりません。中部地区のトライアンフは純正8割、カスタム2割ってところでしょうか。大御所であるグラッドストーン及びモートテールの手が入っている車両が多く、元気な車両が多いですね。

P1030251.jpg
奥の黒いTシャツの方は主催のKAZ氏。3月ですが半袖で元気一杯、夢が一杯、トライアンフへの愛情が一杯!全てにおいてただただ脱帽の限りです。
こういう方がいないとシーンは盛り上がりませんので非常に貴重な存在です。今後も期待しております。スタッフの皆様もご苦労様でした。少しスタッフの方ともお話させていただきましたが、東京方面のトライアンフの話も色々と聞けてたので非常に為になりました。

P1030265.jpg
帰路への出発の様子。関西方面からの参加者は皆様無事に到着されたようです。

P1030260.jpg
コチラは別イベントの鉄スクーターの様子。コッチもじっくり見たかったのですが、なんせ色んな人と喋ってばかりいたので、会場内の出展ブースなどもほとんど見ることなく終わってしまいました。

今回の反省点というか、今後の展望というか…、とにかく画像をほとんど撮っていない故に、時系列にドキュメンタリータッチな感じのブログにならないので、今後はイベントに行く前から色々考えて画像をもう少し撮るようにしないといけないなと感じました。

帰りに事故車両の引き上げに行ってオジサンの戦時中の空襲の話を小一時間ほど聞いて、遅めの晩御飯を食べて帰宅したら日付が変わってましたが…、

それでもやはり、楽しかった!!

この一言に尽きますね。








  1. 2015/03/09(月) 23:28:06|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0

不在のお知らせ

7日はブリットブラットに参加のため、昼過ぎぐらいまで不在です。8日はOFF LINE & RIOT に参加のため、終日不在となります。
よろしくお願いいたします。

bb_2015030620271270c.png
天気予報が良いほうにハズれてくれました。主催の前田氏は晴れ男か!?

無題nhb
名古屋には諸般の事情によりハイエースで行きます。関西方面から行かれる方で途中でトラブルありましたら、ケータイ番号を知っている人はご連絡下さいませ。

では現地でお会いしましょう!!





  1. 2015/03/06(金) 20:35:37|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0

地獄のコーティング剥離

67年TR6に使う予定 (あくまで予定) のUS2.5ガロンタンクですが、内部が錆びの上からコーティングがされており、所々剥がれているので思い切って全剥離を決行。

P1030244.jpg
当初は外側からバーナーで炙って剥がれるだろうと思ってましたが、プラスチックが溶けたようになり全く剥がれないので、そのやり方は早々に断念しました。検証の結果、スケルトンでいけることがわかったので、かなりの時間をかけて剥離しました。なんとか8割ぐらい取れたところで剥離剤がなくなったので一旦中止。

P1030249.jpg
地肌は見えましたが、ご覧の通り錆びてます。錆びの上からコーティングすんなやって感じですが、きっと面倒だったのでしょう。穴が開くほどの錆びではないので、錆び取り後に問題なければコーティングはしないつもりです。個人的にはタンク内のコーティングはあまり好きではないので、よほどのことがない限りやらないです。

かなりの地獄作業でしたが、まだ終わってませんので後日引き続きやります。

かなりの長期間に渡って乗らないであろうときは、ガソリンタンクは空にしてタンクキャップを開けたまま数日乾燥させた後、キャップを閉めて空気を遮断した状態での保管が望ましいかと思います。ガソリン放置は腐ってエライことになりますし、空でもキャップ閉めてればそう簡単には錆びませんので。

剥離剤のガスで完全にラリってしまいました。




  1. 2015/03/03(火) 21:29:17|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
準備 (7)
修理 (87)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (88)
お知らせ (74)
イベント (21)
その他 (24)
戯言 (24)
パーツ (16)
FOR SALE (7)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR