Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

スロットルストップスクリュー

お客様が個人的にコンセントリック用のスロットルストップスクリューを作っておられるのでご紹介しておきます。

P1020775.jpg
AMALでも少し長めのスクリューが売られていますが、コチラはステンレス製でツマミはローレット仕上げ。

P1020776.jpg
装着するとこんな感じで、手で回せます。グローブしていると少し無理かもしれませんが、シングルキャブモデルで始動直後の暖機時なんかにはかなーり便利ですね。

P1020779.jpg
100円までのコインでも回せますので、工具も不要です。

製作者はマシニングが職業の方ですので、当然メイドインジャパン・トップクオリティーです。

Oリング付きで一個¥1000。海外からわざわざ買うことを考えるとコチラのほうが断然お得ですね。

気になる方はメールで qq3h33v9k@lion.ocn.ne.jp にお問い合わせしていただければ丁寧に対応していただけます。

トライアンフの部品を全て日本で生産したら、とてつもなく素晴らしい車両が出来上がるのではないかといつも思いますが、価格もとてつもないことになりそうなので、現実は難しいですね。でも常に試行錯誤しながら良いモノを選択していきたいとは思っております。
何でも屋ではなく、トライアンフ屋なので。



  1. 2014/11/29(土) 22:28:20|
  2. パーツ
  3. | トラックバック:0

良い子はマネしちゃいけない

先程、ブログを書き終える寸前に、パソコンが勝手に再起動して3~40分ぐらいかけて書いた文章が全て消えてしまい、怒りの矛先をどこに向けていいのかわからないまま二回目を書いています。強いて矛先を向けるならマイクロソフトか。現在の時刻は深夜1時。良い子のみんなはこのブログを見ていないと思いますが、決してこの職業だけはやらないように全国のちびっ子達に訴えかけたい衝動にかられています。トライアンフ屋はそんな私に神が与えた最後の職業なのだろうか。うーん、悩ましい。

70年TR6は、ローリングシャシにエンジンを搭載するところまでは進んでる感バリバリですが、その後は牛歩で進んでおります。

P1020756.jpg
細かいことを言うとレバーを一個取り付けるのに30分とか余裕でかかります。なんでそんなに時間がかかるの?と思われがちですが、新品をそのまま付けても良くなかったりするのが常なので、とにかくそのパーツを最大限にいい感じで使用出来るように工夫しているからです。その後、個人的なレバーの研究ということで一時間程使い、「なるほどねっ!」 と理解を深めててから先に進んだりしています。効率化が謳われる現代社会、良い子のみんなは決してマネしちゃいけない。

P1020761.jpg
ハイトの高いタイヤを使用したために純正と同じ長さのリヤサスではセンタースタンド使用時でも後輪が接地していたのでT140用に交換しておきました。ほんのり隙間が出来ていい感じです。メンテナンス性アップ。

P1020759.jpg
今回はわりと新品パーツを多用しておりますが、キャブは元々ドレン無しフロートボウルが付いており、個人的に使用したかったので、洗浄、対策、ガスケットリニューアル、ステイアップフロートに交換して使用してみます。良さそうならこのままいきます。

二回目を書き終えて更に3~40分経過。良い子のみんなは決してマネしちゃいけない。



  1. 2014/11/26(水) 01:54:57|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

立ち上げときました

70年TR6はやっとこさリムが届いたので、スポーク共々組んで振れ取りしてタイヤ付けて立ち上げておきました。

P1020748.jpg
正直に言いますと、私の場合はリムの振れ取りに結構時間がかかってしまうのですが、最終的には縦横0.5ミリ以下の振れなのでまあいいんじゃないかと思います。しょっちゅーやる作業ではないので時間がかかったりしてしまいます。
過去に3分で振れを0.5ミリ以下にする達人の作業を真横で見たことがありまして、その方はメーカーの下請けの工場の社長さんなので上手くて当たり前なのですが、多分一生かかってもその域に達することは無いだろうとその時思いました。

P1020736.jpg
新しい部品を組んだ場合、基本的には信用していないので大丈夫か見ておきます。

P1020731.jpg
この辺は純正なので、優秀ですね。

P1020740.jpg
リペイントした場合、リヤのスプロケット取り付け面やハブとドラムの取り付け面は、塗装を剥がしてから組まないとボルトが緩んで吹っ飛ぶ恐れがありますのでご注意ください。

P1020744.jpg
とりあえず外装のフィッティングも見ておきました。タンクも塗装にいけそうです。

明日からはエンジンのほうに移っていきます。


  1. 2014/11/20(木) 22:56:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

Brit Brat Day vol.06 -Brit Brat Jumble- in Kobe

気軽な感じがいい。純正、カフェレーサー、チョッパー、ボバー、ジャンル問わずなところがいい。開催場所の雰囲気がいい。老若男女問わずなところがいい。姫路から程よい距離なのがいい。何より主催者の前田氏の人柄がいい。

そう、それがブリットブラットだ!! (ちょいテンション高めでいってみました)

えー、今回で三回目の参加ですが、なぜか一度も自分のバイクでは参加出来ていないということで、やはり今回も借り物バイクで参加してきました。

141115_110511.jpg
参加者全員が晴れ男女ではないのかぐらいの快晴で、肌寒い季節ですが特に寒さを感じずに走れました。イベントに来ている台数自体はいつもと変わらないような感じでしたが、新たに参加している人などもいたように思うので、イベントの知名度はどんどん上がっているように思われます。

141115_123554.jpg
ジャンブルの風景。予想以上に皆さん色んなものを持って来ておられ、ワイワイ言いながら売り買いしてました。ちょっと楽しそうでした。私は特になにも持っていかなかったのですが、毎回行く度にお喋りする人が増えているので、バイクもパーツもロクに見ずにほぼ喋ってばかりでした。

141115_123928.jpg
喋りすぎてほぼ画像を撮っていないといういつものパターンですが、コレは気になったので撮ってみました。デジカメを持っていくのを忘れたので、全ての画像はポンコツガラケーで撮っています。ケータイが私の経済力を気遣ってくれているのか、4年使用していますが壊れる気配すらありません。私より長生きするんじゃないか説も浮上していますが、何となくソレは嫌なので、絶命の瞬間が来たら、くたばる前にケータイを叩き壊すことにします。

帰りはお客さんにうまい味噌ラーメンの店に連れて行ってもらい(店の名前はもう忘れた)、さらにそのあとはハーベストムーンに寄って仕事の邪魔をしてから帰りました。

非常に充実した一日でした。北の椅子とのスタッフの皆様、いつも走り回っている主催者の前田氏、お疲れ様でございました。
次回も期待してます!!





  1. 2014/11/15(土) 23:00:54|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0

お知らせ

明日11月15日は Brit Brat Day に参加いたしますので、昼過ぎぐらいまで不在です。
よろしくお願いいたします。

10658596_614186915356724_6790039691623403479_o_20141114210719f55.jpg

少し肌寒い季節ではありますが、こういった気軽な感じのイベントは非常に貴重なので、皆様こぞって参加いたしましょう。

  1. 2014/11/14(金) 21:12:04|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0

秋も深まってきておりますが

サントリー角ハイボールのCMのように井川遥がハイボールとカラアゲを提供してくれるような店が近所にあったら、井川遥の笑顔を見たいが為に毎日のように通ってハイボールとカラアゲを注文しまくり、重度のアル中及び高脂血症で廃人になる自信があるので、そんな店が近所に存在しなくて良かったなと心底思っている今日この頃です。
さて、秋もめっきり深まりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

最近地味な作業ばかりやっているので特にブログのネタがございません。なので結構無理やり書いているわけなのですが、もはや職務意識を通り越して、強迫観念に近い感じで書いてます。

P1020714.jpg
汚いプライマリーカバーを洗ってみたり…、

P1020724.jpg
クラッチのオペレーティングが錆びてますね…、みたいな地味な作業の画像しかなかったりします。もはやブログに書くレベルではない気がしますね。

P1020728.jpg
TR6は一向にリムが届きませんが、とりあえずフォークだけは組んでおきました。これだけ遅いと一日一個ペースでスポークの穴を開けているんじゃないのかと思ってしまいますが、もう間もなく来るでしょう。

今日は以上です!!

  1. 2014/11/11(火) 22:26:50|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0

いいアジ出てます

英車は綺麗にレストアされた個体が多く、アジがある個体ってのは意外と少ないものです。

P1020712.jpg
この車両はノンレストア、アジが出まくりで尚且つ実働している数少ない個体かと思われます。以前から何度かクルマで来店されていたお客様ですが、今日は初めてバイクで来店されました。

P1020708.jpg
この掠れた風合いをリペイントで出すのは難しい、というか不可能。若かりし頃の夏木マリは妖艶で美しいが、現在のアジ出まくりの夏木マリもそれはそれでアリ、みたいな例えはちょっと違うような気もしますが、まあ大体そんな感じです。(夏木マリのファンの人に失礼か)

P1020707.jpg
LUCAS純正リフレクターにClear hooter の組み合わせがグッド。故障してWindtoneは聴けませんが、かっこいいので外さないでください。

オリジナル度が高い車両は当方としても大変勉強になりますので、いつもジロジロと変態的な眼差しで見てしまいますが、研究熱心ということにしてどうかお許しください。

  1. 2014/11/08(土) 21:43:43|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0

諸作業

新品のリムがなかなか届かないので70年のTR6が思うように進んでいませんが、エンジンは内燃機加工からだいぶん前に戻ってきていたので、組めるところは多少進めておきました。

P1020678.jpg
いつものようにセット長、セット荷重を測定しながら組んでいきます。エンジンはバランスが大事だと思っておりますので、面倒ですが、シムで調整しながらいつもの感じでやっております。

P1020693.jpg
はい、コレは要注意ですね。ベークライト入れたらマニホールドとの間にほんのり隙間が出来てます。紙ガスケット入れると誤魔化せるレベルですが、紙ガスケットが沈んでエア吸いを起こしたりするのが嫌いなので私の場合入れません。なのでココは要修正。二次エアはエンジンの敵です。

P1020684.jpg
マニホールドの面よりスタッドボルトのフランジが少し出っ張っているのが原因なので、左側スタッドのように少し旋盤で加工します。右のスタッドは加工前。

P1020688.jpg
面研もしてピッタリ来る感じになりました。細かいところですが、こういう落とし穴がいっぱいあるのがトライアンフなので、一つひとつ確認しながら組んでいくことが大事ですね。

P1020695.jpg
自分のバイクが調子悪かったので、隙を見てヘッドを分解してみました。色々確認しておきたかったところもあったのでココまでバラしました。
自分のバイクばっかりバルブスプリングのトップリテーナーがチタンだったりバルブがブラックダイヤモンドだったりして申し訳ございません。
まあ、貰えるもんを貰えるならば、人のバイクでもいくらでも高価なパーツで組みますが。

P1020696.jpg
これまた自分のバイクばっかりロッカーアームとその付近が違う感じになっており申し訳ございません。
コレに関しては…、貰えるもん貰っても結構大変なのであんまりやりたくないです。

自分のバイクに関して言えば、パワーを上げ過ぎてその結果不調に陥っているのではないか説が浮上しておりますが、トライアンフは速いほうが楽しいのでコレはコレで別にいいのです。

よってブリットブラットは自分のバイクで行けないことが確定しましたが、まあしょうがないですね。



  1. 2014/11/06(木) 21:55:47|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

永遠など無いのだ

ジャック・ブルースが死去したのを受けて、数日前から店内の音楽はクリームのヘビーローテーションとなっております。それ誰ですか?という方もおられるかもしれませんので、簡単且つ乱暴に説明すると、60年代イギリスの伝説のスリーピースバンド “クリーム” のベースの人で、演奏技術がハンパないです。ちなみにクリームのギターは言わずもがなのクラプトンですが、ドラムのジンジャーベイカーも凄い人で、個人的にはこの人のドラムソロはいつまでも聴いていられます。

eric_clapton_1970_01_01.jpg
死なない人はいないので、当たり前ですが偉大なレジェンドも歳を取って死んでいくということですね。もしクラプトンが死んだら世間的にももっとえらい騒ぎになりそうですし、個人的にはかなりヘコむでしょうね。

さて…、

P1020654.jpg
何だかとんでもない音がするエンジン、音の出所が十中八九クランク付近だったので開けてみると…、

P1020659.jpg
見た目普通ですが、手で触ると石臼のごときゴリゴリのベアリングでした。
ジャック・ブルースと一緒に逝ったのね。

P1020662.jpg
スラッジチューブのフタが変なことになってますが、どのみちいつものように穴を開けて緩めるまでなので、まあ別にいいです。

P1020669.jpg
ポジ頭がナメにナメきった2BAのスクリューって外すの難しいですね。ちゃんとポジドライブのドライバー使ってね。

P1020649.jpg
カムブッシュもこんな感じで抜けてきましたが、よくある光景なので、あまり気にもなりませんね。

P1020674.jpg
オイル染みで真っ黒でしたが、クリームを聴きながらゴシゴシ洗うと綺麗になりました。ジャック・ブルース効果ですね。

世の中永遠はないのです。人も物もいつかは逝くということですよ。


  1. 2014/11/02(日) 22:29:59|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
準備 (7)
修理 (84)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (87)
お知らせ (71)
イベント (20)
その他 (23)
戯言 (23)
パーツ (15)
FOR SALE (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR