Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

1978 T140V FOR SALE

なかなかいい感じの78年T140Vが販売車両として入荷しておりますので、お知らせしておきます。

P1020303.jpg
昨今、T140Vの出物がかなり少なくなりました。純正の雰囲気を残した車両となると更に少ないと思われます。79以降の140Eはまだ出てきますが、140Vは本当に枯渇状態のような気がします。

P1020304.jpg
ベース車両ですので、要整備です。予算とご希望に合わせての仕上げという感じにしようかなと思いますが、最低限やらなければいけないところもたくさんありますので、安いT140Vをお求めの方は、当店以外でお探しください。

P1020311.jpg
現在はUKタンクが付いておりますが、USタンク、USハイバーの在庫ありますので、US仕様にすることも可能です。
常時、店頭にありますので、気になる方がは直接見にきていただくか、電話、メールでお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

SOLD OUT! THANK YOU!

  1. 2014/08/30(土) 22:21:03|
  2. FOR SALE
  3. | トラックバック:0

タフネスの象徴

昼過ぎ頃、爆音と共に東京より Triumpher 御一行の到着。グ-タラな私は今日は朝8時に起床しましたが、御一行は昨晩21時よりぶっ通しで走ってこられたそうです。

P1020263.jpg
神戸、大阪の案内人と共に、目的の NEW ORDER がある神戸をすっ飛ばして、更に西方面にあるド田舎の姫路までわざわざ来て頂きました。遠路はるばるありがとうございます。

P1020275.jpg
賑っている様子。自分の店なのに、珍しい大人数になぜかちょっぴりアウェー感が出ておりました。バイクが好き過ぎる人達の集まりです。人のことは言えませんけど。

P1020282.jpg
おっと忘れずに RIOT の宣伝もしておかねば…。

P1020281.jpg
その後、予定していたセンタースタンドとブリーザーホース交換で来られたお客様のバイクの作業をやって、合間にT140Vを取りに来られたお客様の返車の説明とかをやって、作業中のTR6のエンジンをおろして、ふと気が付けば20時になっており、そこで初めて気が付きました。

〝昼飯食うの忘れてたぜ…〟

まあ、東京から自走でここまで来ることを考えれば、昼飯抜きぐらいどうってことないかな。

えーっと、当初全く行く予定はしておりませんでしたが、本日は 「タフネスとはなんぞや」 というのを考えさせられた一日でしたので、私も負けずに明日は NEW ORDER に行くことにしました。

なので夕方までは店にいませんので、よろしくお願いします。



  1. 2014/08/23(土) 23:19:56|
  2. その他
  3. | トラックバック:0

悪くない

70年TR6を早速エンジンからバラしにかかりましたが、思っていたよりコンディションが良好です。

P1020254.jpg
いつも思いますが、これだけの部品がコンパクトに一つのユニットに込まれていることがすごい。結構な量ですよ、ホントに。
クランクケースは明日以降で分解しますが、コンロッドの具合からするとそんなに問題はなさそうな気がします。

P1020257.jpg
まだ細かいところまで見ていませんが、目立った不良個所はコレと右EXバルブの抱きつき。分解前からわかっていたことなのでいいんですがね。

ピストンも奇跡のスタンダードが入っていたので、シリンダーの寿命はかなり長いです。というか、見た感じギヤボックスとプライマリー以外はファースト分解ですね、おそらく。
ギヤボックスは過去にトラブルがあったのか、かなり多くの部品が新品に交換されており、ミラクル且つラッキーでした。

いやー、作業者に精神的なストレスを与えない“全体的に悪くないエンジン”って感じです。


  1. 2014/08/22(金) 23:50:10|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

決断力

前回の試乗で腑に落ちない点があり、それらの改善に努めてアレコレ考え、文献を今一度読み漁り、結論に達したT150トライデント。いつものことながら事実をお客様に伝えるのが心苦しいのですが、仕事なので思いっきり伝えておきました。

P1020251.jpg
このバイクはノーマルの車両でも2気筒のトライアンフとは全く別の乗り物です。2気筒のフィーリングが好きな人は、あるいは全く好みではないかもしれません。ですが私は相当好きです。

このバイクを一言で言うならば…、



狂気…。



まあ “凶器” でもイケるかなとか思ってみたりもします。
ブログでトライデントのことばっかり書いているのも当店ぐらいのような気もしますが、ただ単に良いものは良いということを言いたいだけなのです。トライデントに乗ったことある人は結構少ないと思うので、良さを理解するということ自体難しいのかもしれません。なので誰か周りに乗っている人がいれば是非一度乗ってみることをオススメします。


P1020248.jpg
こちらは70年TR6のベース車両で当店に半年ぐらいあったのですが、ブログアップしてなかったにもかかわらず成約となりました。今後は作業を推し進めていきます。当店に来店された方はこのバイクを見たことがあると思いますが、見た目がボロなので皆さん反応が鈍かったように思います。ほとんどの方がタンクとかシートとかの外観しか見てないですからね。このあたりの年式だとベースバイクを見るときに本当は見るべきところはタンクやシートなどではないのですが、ではどこを見るべきなのかというと、それはあえて内緒にしておきます。店に来て直接私に聞いていただければお伝えいたしますが。

あと78年のT140Vの在庫があるので、そちらはまた後日ブログでアップするようにします。


安い買い物ではないので、購入時に決断力が必要になってきます。しかし思い切った決断を出来る人が、本当に好きな乗り物に乗れるのではないかなと最近はよく思います。当然、決断にはスピードも重要になってきます。迷っていると良いものはどんどん無くなるのも事実です。


トライデントの加速感、お客様のスピード感溢れる決断力、両方とも私は好きですね。



  1. 2014/08/18(月) 22:35:01|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

乗ってみた

T150トライデントが概ね完成したので試乗してみました。

P1020232.jpg
3気筒は独特の乗り味で、2気筒よりはどちらかというと4気筒に近いですね。日本では人気がイマイチなトライデントですが、ポテンシャルは英車の中でも群を抜いていると個人的には思っています。なぜ日本では人気がないのか全く理解出来ませんが、まあその分安く買える可能性があるのでいいかもしれません。
今回は車体周りと電装、クラッチ、プライマリーを修理させていただきましたが、試乗して少し腑に落ちないところもあったりしたので、もう少し煮詰める必要がありそうです。

P1020238.jpg
乗っているときは頭の中でこんなイメージでした。振動が少ないからオッサンになっても全然乗れるぜィ!ってな感じです。


10137.jpg
先日、西日本全域を台風が直撃しましたが、X75ハリケーンと金髪美女の組み合わせはひょっとすると台風を吹き飛ばせるかもしれんな、と少しだけ思ってしまいました。



  1. 2014/08/11(月) 22:12:43|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

夏季休業日

13、14、15日はお盆休みとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
triumph-truck.jpg



  1. 2014/08/08(金) 20:44:49|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0

不在のお知らせ

8月7日木曜日は15時頃まで出かけており、不在になります。よろしくお願い致します。

batcycle.jpg


  1. 2014/08/05(火) 23:57:50|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0

私も人間ですから

お客様持込のメインハーネスを基に配線作業を終えたT140V。最後にレギュレータを取り付けて終わりというところでした。
レギュレーター設置用の穴をフェンダーに開ける必要があったので、一旦、後輪を外して穴を開け、もう一度後輪を元に戻しました。

そして事件発生。

P1020227.jpg
後輪が恐ろしく重たくなってしまいました…。まあ外す前からちょっと重たいなとは思ってましたが。シャフト抜いて後輪をずらしただけなんですけどね。どうやらキャリパーとローターが接触している様子。仕方ないのでもう一度外す。

P1020215.jpg
スミスのメータードライブの真ん中が盛り上がってますね。亜鉛合金なので間違った組み方をするとすぐに変形します。過去にスペーサーワッシャーの順番を間違えて組んだということです。よくありがちですが。

P1020223.jpg
メータードライブの真ん中が盛り上がることにより、次に正しく組んだら、ボディ全体が内側に入り込むことになり、ハブと接触して削れます。ホイールベアリングに結構なガタが出た場合もコレになります。

P1020220.jpg
誰がやったのか知りませんが、そのあたりのつじつまを合わせるために、画像右側のワッシャーみたいなものをドライブの内側に入れてありました。コレが結構な厚みだったので、その分キャリパーサポートが右側に移動してしまい、キャリパーとローターが接触していたようです。サポート自体はさほど歪んでいるような感じはありませんでした。

P1020225.jpg
なんとかメータードライブを修正して当たらないようになりましたが、本来ならメータードライブの交換をしてからキャリパーサポートで調整が必要ですね。



後輪の動きがおかしくなって、すぐにお客様に連絡を入れたのですが、予算の都合上、そのままにしておいてくださいと言われてしまいました。しかしながらこのまま返車して万が一何かあったときに殺人幇助で捕まるのもアレなので、このあたりの作業は全部無料でやってます。
ブログで書くと、サラッと完了しているように見えますが、まあそんな簡単なもんじゃないです。当店はそんなに儲かっているわけでもないですし、こういうことが続くのならどっかに働きにいったほうがマシなんじゃないかなーと思ってしまいます。

簡単じゃないことをいくら予算がないとはいえ、無料でやっている私は恐らくバカなのだろうと思っています。
そんなバカが経営する店はそのうち消えてなくなってしまうのが世の中のセオリーなのかもしれませんね。

まあ、私は別に困りませんけど。







  1. 2014/08/04(月) 23:46:16|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

T150も時間かかっております

お客様と相談の結果、クラッチも交換することになったので、パーツの入庫待ち状態が続いておりましたが、ぼちぼちと続きにとりかかっております。

P1020181.jpg
新旧比べると、随分とスプラインの部分が違っており、これが原因でハブが傷んでいた可能性大です。センターベアリングは信頼のNTN製に交換。

P1020166.jpg
ダンパーラバーも交換。この部品はユニット2気筒のものと同じですが、硬すぎて入らないやつもあるので、チョイスには注意。

P1020171.jpg
アッセンブリーの状態。真ん中の6個のリベットが緩んでいるやつがあるので、分解時はよくチェックすることが重要です。

P1020191.jpg
クラッチカバーのオイルシールですが、中古のカバーでよく見かけるものはコレの逆に組んであるものが多いです。純正で出荷されたときもコレの逆だったのではないかと想像しておりますが、とにかくクラッチASSYを油分と水分から隔離するにはこの向きが正解なのではと思っています。正規のサービスマニュアルには 「lip towards the gearbox」 と書いてあるので、やはりこの向きで正解かなと。ここにはハブが付きます。向こう側はミッションのスプロケットです。オイルとグリスでグチャグチャになりがちなところですね。
イギリスからやってくるインチサイズのオイルシールがどの程度の性能なのかはわかりませんが、基本的にオイルシールは回転しているときに大気側からオイル室側に向かって微妙に空気を取り入れることにより、オイル漏れを防いでいます。なのでこの向きの逆に組むということはギヤボックスのスプロケット側から空気共々オイルやグリスをクラッチ室に吸ってくる状態になります。あくまで性能のいいオイルシールだとしたらの話ですが。埃よけのリップが付いているオイルシールなら逆でもいいような気もします。ああ、パーツひとつで奥が深い。

P1020193.jpg
この前のブログで書いたプライマリーの細長いガスケットはこういうやつです。参考までに。

P1020205.jpg
オイルポンプはタブワッシャーが意味をなしていなかったので交換。ここはフルナットではなく、ハーフナットが正解。正しておきました。トライデントのオイルポンプは前期、後期で微妙に違います。コイツは後期タイプ。

P1020209.jpg
全てを仮組みしてエンドプレイの測定は必ず行う必要があります。これを基準にプライマリーチェーンアライメントの調整をします。ダンパーの付近をいじくると確実にアライメントが狂ってきます。ガスケットの厚みなどでも変化します。

えー、とりあえずこのあたりまでは進んでますのでもう少しお待ちください。なんか色々他の車両で苦戦して時間を浪費してまして、更に暑さで若干参っております。試運転しすぎて今年はよく日焼けしましたね。






  1. 2014/08/02(土) 22:35:17|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
準備 (7)
修理 (87)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (88)
お知らせ (74)
イベント (21)
その他 (24)
戯言 (24)
パーツ (16)
FOR SALE (7)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR