Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

お知らせ

明日、6月1日の午前中は私用で出かけておりますので午後からの営業になります。
申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

df377e1d9f3b8ec4be3dc53d26f765d4.jpg



  1. 2014/05/31(土) 21:46:54|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0

蚊の季節

岡山のお客様からの依頼でお預かりさせていただいた68のボンネ。なかなか作業に着手できていませんでしたが、本日プライマリーのオイル漏れの修理から始めてみました。

P1010841.jpg
オイル漏れの箇所は事前に試運転を行っていたので、判明はしておりました。

P1010829.jpg
内部は相当綺麗です。チェーンが当たったような形跡もほぼ無く、程度良好。プライマリーは結構オイルが漏れ易いところなので、ポイントを押さえながら組んでいくことが大事です。

P1010826.jpg
こういう穴とかも要注意。現代には必要なしですが。

P1010833.jpg
大体間違ったのが入ってますね。よくありがちです。

P1010832.jpg
クラッチダンパーのチェック。大丈夫と思ってましたが、かなりのガタありです。

P1010836.jpg
割とダンパーが粉砕気味です。スパイダーとバックプレートは状態が良かったので再使用可能でした。ダンパーは当然交換ですね。

暑くなってきたなと思ったら、今シーズン初の蚊が出ました。もちろん刺されましたが。
ちょうどグラッドストーンから電話がかかってきたので、その旨を報告すると、 「先週から蚊は出とる、それよりカメムシがやばい」 とのことでした。なので、「こないだ店の中に小さめのウサギぐらいのネズミがいました」 という報告で返しておきました。

そういえば去年は 「蚊取り線香バラの香り」 で乗り切りました。最近では色んな種類のアロマ蚊取り線香が出てるみたいですね。

「蚊取り線香・お風呂上がりの北川景子の香り」 とか売ってたら少々高くても買いますが、それはさすがに売ってないか。



  1. 2014/05/29(木) 22:43:56|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

順番に作業しております

前回のBrit Brat で故障したエンフィールドですが、ギヤボックスを全て組み、マグネトーを取り付けておきました。タンクを塗装に出しているので、始動はまだ先ですね。パーツは随分前に来ていましたが、作業に至るまでに時間がかかってしまいました。

P1010818.jpg
皆様ご存知の最新BTH、こういうものが存在することにありがたさを感じると共に、イギリスのクラシックバイクの世界的な人気も感じ取ることが出来ます。国産のクラシックは年々パーツ入手が困難になっていますが、イギリス車の場合、新製品が出るのが日常茶飯事です。特にトライアンフのパーツは新製品が多め。

P1010821.jpg
新品のシートも到着してます。純正シートはベースが腐りかけていたので丸ごとリフレッシュ。そもそも取り付けに余裕がある作りなので、タンクとの兼ね合いもありますが、さほど苦戦せずに付きそうです。というか純正シートのほうは、過去に手を加えられた形跡があったので、このシートを見て、初めてちゃんとした取り付け方が判明しました。

P1010816.jpg
こちらは本日エンジン始動しておきました。やはりキャブの具合は悪いですね。他にも多少悪いところはありますが、予算の都合と、言い出すとキリがないので、とにかく依頼されたとおりに作業しております。
この車両に関しては、諸般の事情により試乗が出来ないので、最終の細かい詰めは出来ません。後はお客様自身がやるので、当店での作業は追加でキャブを交換して終了です。

試乗して発覚する不具合も多数ありますので、レーサー以外の公道車は出来る限り試運転できる状態での入庫をお願いいたします。あと、サイレンサーは付けていただいたほうが助かります。騒音問題により近隣から圧力がかかり、廃業の危機が訪れますので。

他にもお待たせしている車両がございますが、順番に作業しておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。






  1. 2014/05/27(火) 00:23:55|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

ゴールデンスランバー

最近、自宅で伊坂幸太郎氏の「ゴールデンスランバー」を読み始めたので、無性にビートルズのアビイロードが聴きたくなり、確かクルマの中に積んであったような…、と思って朝から探しましたが、リボルバーとラバーソールはあったもののアビイロードは見つからず、諦めるわけにはいかないのでパソコンでYou・Tubeを利用して一日中聴いておりました。

あなたはジョン派ですか?ポール派ですか?
私はジョージ・ハリスンが好きです。

ビートルズのメンバー全員でインドに行った時に、「オラ、ここが気に入ったからしばらく帰らねぇ」と言ってジョージ一人だけかなり長く滞在したところとか、クラプトンに、「オレの奥さんはエリックと一緒のほうがきっと幸せだろう」と言って自分の奥さんを潔くクラプトンに譲ったりするところが、自分でもよくわかりませんがなぜか結構好きだったりします。
個人的に、ビートルズは全てが奇跡なのではないだろうかと思っていますが、ジョージ・ハリスンのギターの音は更に奇跡的です。感覚的なことなので説明できませんが、とにかく奇跡であることは間違いないです。

修理に奇跡は存在しないので、地道にやるしかなさそうですね。

140523_222827.jpg
だいぶんお待たせしてしまっているチョッパーのスモールユニットT100はロッカーボックスのスタッドボルトに6ミリの全ネジがぶち込まれていたのでBSCYに正しく修理しています。大体、全ネジという時点でスタッドボルトではないですしね。

140523_233246.jpg
修正完了。ロッカーのオイルラインもふんづまり状態でしたので、2ミリのドリルでホジってキレイにしておきました。

140523_222913.jpg
IN側のみ怪奇現象が起こっていたバルブシートを入れ替えてあります。職人の手による完璧な作業。バルブは元々入っていたブラックダイヤモンドが良好でしたので、これまた悪くなかったガイドと共にそのまま使用。

140523_233334.jpg
画像はシリンダーまで組んである状態ですが、現在は全て組めております。あとは細かいところの修正を残すだけです。付いていたモノブロックも相当怪しいので、最終的には交換することになるかもしれませんね。

140524_234529.jpg
ロブ・ノース・トライデントは本日ちょっとした作業でお預かりいたしました。姫路界隈でこのバイクの凄さが理解できる人はほとんどいないと思いますが、理解できない人は放っておいてどんどん先に進むことにしておりますので、特に問題はございません。このバイクのオーナーは他にもたくさんレーサーを所有しており、いずれのバイクも全力で遊ぶために使われております。オーナーのD氏が今日はマックイーンに見えました。

姫路地区はハーレーが多いので、ロブ・ノースを店の外に置いているとかなり異色な感じがします。というかこの店そのものが少し異色なのかもしれませんがね。









  1. 2014/05/25(日) 02:38:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

福野礼一郎に学ぶ

T140ESは車検も取っていざ納車という段でしたが、試乗段階でリヤのブレーキペダルの戻りが悪いということが判明し、入念にチェックしております。乗り物なのでブレーキがイマイチでは全くもって論外なのと、このT140ESのオーナーがT140が好き過ぎで、尚且つ私もそうであることと、オーナーが福野礼一郎クラスであり、尚且つ私が福野礼一郎が好きなのと、お互いにフェラーリ308などの往年のスーパーカーのタイヤの偏平率が好きなどの理由があって双方納得がいくまで納車が出来ないという感じになっております。

140520_182320.jpg
リヤブレーキの構成パーツを取り外して、バイス台にてもう一度組み直し、どこに不具合があるのかを検証。車載状態ではわからないこともこうやって角度を変えて見ることにより色々わかることもあります。T140のリヤブレーキを分解したことがある人ならわかると思いますが、かなり無理やりな作りで分解も面倒です。元々ドラムブレーキだったものを76年から無理やりディスクにしたので仕方がないのですが。

140520_182300.jpg
ちょっとわかりにくいですが、リンケージとマスターのラインが出ていないので、プッシュロッドを斜めに押しているような感じで、尚且つリンケージのタイコ部も片側に寄る感じになっています。
この後、スペーサーを入れるもタイヤと干渉してみたり、プレートを曲げてみようかなと思ってみたもののフレームと干渉するのとブレーキペダルのシャフトが貫通する部分に不都合が生じるので却下してみたりして八方塞がりになりました。悩んだ挙句、ハリス製のステンレスバレルはそのままで、アルミ製のボディとプッシュロッドを元のロッキードに戻すと多少ラインが出ていなくてもスムーズに動く状態に。内部のクリアランスが微妙に違うのか、コレでなんとかいけそうです。
私の技術がイマイチなのか、ここまで費やした時間は丸一日。今日は雨が降ってきましたので、試乗は明日以降にしたいと思います。

なかなか一筋縄ではいきませんが、福野礼一郎クラスの人でも試行錯誤しているので、私が四苦八苦するのも至極当然のことではないかと思っております。

やはりトライアンフ屋は24時間トライアンフ体制で挑むべきだと改めて感じました。





  1. 2014/05/21(水) 02:07:51|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

70年ボンネは全ての作業が終わって試乗をしていたのですが、少し問題が発生。10回に1回ぐらいしか1速に入らないという現象が起こり、仕方なく再度キックカバーを分解。

P1010809.jpg
ちょっと前にキックラチェットのナットが緩んでいたので分解したのですが、同じ作業をやるハメに。前回分解時にコの字プレートに少々違和感を感じていたのですが、過去に問題なく走れていたというのを鵜吞みにしてそのまま組んだのが仇となりました。画像は交換後です。

P1010811.jpg
コイツを交換、もしくは脱着する場合は相当注意が必要です。というかどれ一つとっても気を抜くことが出来ないパーツだらけなので、コレだけを注意すればいいってものでもないのですが。何をどう注意すればいいのかは書き始めるとグダグダと長くなってしまうので割愛いたします。

P1010813.jpg
かくしてトラブルは解決いたしましたが、本当に油断出来ない所だらけです。

でもこうやって出来上がった姿を見ると、人のバイクですが、ちょっと嬉しかったりします。Clear Hooterのダブルホーンが故障していて鳴らないのが残念。70年は本来もう少し小振りなカバー付きのやつなのですが、まあこれはこれでありかな。この車両のホーンはトライデントと同じやつが付いてますね。

70年はデイトナブリーザーなのがポイント高いです。ウチにも70年のTR6のベース車があるのですが、ベースなので外観がヤレていて誰も反応しません。オリジナル度高めで一応 FOR SALE ですので見たい方はお店のほうまでどうぞ。

同じ作業を二度やっているうちはまだまだ修行が足りんということですね。

  1. 2014/05/19(月) 00:37:42|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

不在のお知らせ

明日5/16の午前中は車検などで出かけておりますので不在になります。戻りはお昼過ぎの予定です。
よろしくお願いいたします。

140514_161210.jpg
昨日は定休日でしたが、79年T140の試乗がてら友人のお店に髪の毛を切りに行ってきました。画像はお店の前で撮りました。私の影響でこの美容院のオーナーもトライアンフに乗っています。いわゆる悪影響ってやつですね。


  1. 2014/05/15(木) 23:28:41|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0

職人

たまにですが、私自身の仕事内容について、人から、「職人ですね」 的なことを言われたりするのですが、私自身は自分の仕事に対して全くそんなことは思っておりません。過去に一度もそんな風に思ったこともないですし。むしろ、外注に出していたパーツなどが戻ってきたりしたときに、出していた外注業者様に対して私が、「うーん、職人技だな」 などと思ってしまいます。

P1010792.jpg
例えば上がってきたばかりの70年ボンネの塗装。こういう仕事をする人が職人なのではないかと。私は塗装が全く出来ないのですが、素人目に見てもやっぱり良い塗装だなと思ってしまいます。まずこちらが提示した色と寸分違わぬ仕上がりというのがスゴイですし、色の奥深さも相当計算されているのか、とてつもなく素晴らしい。

P1010797.jpg
フェンダーはこんな感じですが、センターのラインなんかも、打ち合わせ段階でこちらが気付かないところまで細かく相談の電話があったので驚きました。相当細かいところまで気を配って塗装しているのだな、と思いました。

結局のところ、お世話になっている内燃機屋さんや、塗装屋さんの仕事にはいつも唸らされるので、そういう仕事を見てしまうと自分は職人ではないなと思ってしまうわけです。

一台のバイクが仕上がっていく工程では、色んなすごい人の力が必要で、当たり前ですが私一人の力だけでは全くもって完成しないということなのです。なので外注先は基本的に信用できるところしか出さないようにしています。

「餅は餅屋」 ということですかね。私も 「やはりトライアンフはトライアンフ屋じゃないとね」 と言われるように、日々精進していきたいと思っております。





  1. 2014/05/14(水) 01:03:44|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

同じ轍は踏まない

79年T140もボチボチ納車なので陸運局に登録へ行って参りました。

P1010783.jpg
前回、T140ESのフレームナンバーで難癖を付けられてから約一週間。今回は何を言われるのか若干楽しみでしたが、予想していた通りフレームナンバーの字体をツッコまれました。
ですがそんなこともあろうと思って、今回は資料を予め用意しておいたので楽勝でパスしました。そのほかは特に問題なし。前回の押し問答は一体何だったのでしょう。検査官の方によって基準が全然違うように思ってしまうのは私だけでしょうか?

P1010786.jpg
とりあえずナンバープレートも付きましたので、今後は試乗に移っていきたいと思います。だいぶお待たせしておりますが、最終テストの試乗は結構重要なので、じっくりやらせていただきます。
ちょっと最近、ブログの内容が淡白になってきておりますので、若干気合を入れ直す必要がありそうです。

  1. 2014/05/09(金) 23:10:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

試乗

水曜日は定休日でしたが、T140ESの試乗に行って参りました。最近、営業日はじっくり試乗する時間がなかなか取れないので、休みの日を利用しての試乗。

P1010768.jpg
とりあえず昼飯を食いに友人の所へ。この後岡山まで走りに行きました。

P1010769.jpg
で、今日なのですが、試乗の途中でセルモータが使えなくなったので、その原因究明。スターターソレノイドの端子が折れていました。

P1010772.jpg
トライアンフの破壊振動に対しては強度不足な作り。まあ折れて当然ですね。

P1010773.jpg
リベットを外してソレノイドを一旦分解し、内部から配線が出るように加工して完了。
その他諸々の細かい手直しもありましたので、本日やっておきました。

実走行で2000キロ強の車両ですが、走るとやはり何かはあります。このトラブルに関しては経年劣化とか消耗とかの類ではなく、単なる設計ミスのように思われます。流石はルーカス、全く信用出来ません。


その他の預かり車両も全体的にやや遅れておりますが、随時進めていきますのでもうしばらくお待ち下さい。
よろしくお願いします。

  1. 2014/05/08(木) 21:53:21|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

参りました

いよいよT140ESの納車が迫ってきたので車検のために陸運局へ行って参りました。

140501_101148.jpg
ミラーがダサいですが、あくまで暫定です。敷地内で試乗したところ特に問題なし。いいオートバイです。

140501_101050.jpg
考えてみれば20歳ぐらいから自動車関係の仕事に携わってきたので車検だの何だのでここにはよく来ています。

が、今日はかなりヤラれました。たかだか一台の継続検査を通すのに朝9時半に来て、陸運局を出たのが3時半。
整備不良箇所があったわけではなく、正規のフレームナンバーの打刻に難癖をつけられて、何だかんだで6時間(ちなみに私は暇ではない)。
非常に腹立たしい限りでしたが、終始クールに対応し(キレてもロクなことありませんので)、何とか車検をパスしてきました。

このブログで今日起こったことの詳細を書いても世の中何も変わりませんし、文句を書き出すとキリがないうえに最終的には「人類絶滅論」まで話が飛躍する可能性があるので、今日はこの辺でやめときます。

恐るべし、独立行政法人。





  1. 2014/05/02(金) 01:21:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
準備 (7)
修理 (84)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (87)
お知らせ (71)
イベント (20)
その他 (23)
戯言 (23)
パーツ (16)
FOR SALE (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR