Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

bottom line vol.7

天気は最高で、午前9時より皆さんに集まっていただきました。

P1070957.jpg

P1070947.jpg

P1070959.jpg

P1070956.jpg

P1070954.jpg

P1070961.jpg

予定通り10時半から用事のある方以外で砥峰高原まで走りに行きました。
気温は特に暑くもなく、走るのにもってこいでしたね。なぜか播但道の料金が250円で激安でした。
P1070963.jpg

P1070967.jpg
以前はなかった駐車場が作られていました。最近は観光客も多いみたいです。

P1070969.jpg
皆さんで昼食に蕎麦をいただきました。青空の下で昼食です。

P1070971.jpg
レディーもご満悦でございます。走りは男性陣に負けず劣らずで驚きました…。

P1070982.jpg
その後johnny's auto serviseさんを皆で襲撃。

P1070985.jpg

P1070983.jpg

P1070976.jpg

P1070977.jpg

P1070978.jpg
これまたダサい当店とは違って、店内はかっこいい雰囲気が出ておりました。
どうやったらこんなかっこいい雰囲気になるのか未だにわかりません。

突然の訪問でしたが、快く対応して頂きありがとうございました。

ここで皆さん自由解散となりましたが、事故やトラブルも無く素晴らしい一日でした。

え?英車で走りに行ったのはお前だけじゃないかって?
まあトライアンフの破壊力だけは見せつけておきましたので堅いこと言いなさんな…。

次回も少人数制で楽しくやりましょう!




  1. 2013/09/29(日) 21:45:35|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

T140にはアップハンドルが似合う

T140Vにグラッドストーン・オリジナルアップハンドルの装着、それに伴ってブレーキホース、クラッチケーブルの交換。スロットルケーブルの長さは足りたのですが、ワイヤーが破断寸前でしたので修理。ブレーキホースはグッドリッジのブラックタイプ。


装着前
P1070921.jpg
UK仕様の低めのハンドル。主観ですが、団塊の世代のおとっつぁん方が所有されていたバイクはUKバーが多いような気がします。これはこれで悪くないのですが、メーター付近でケーブル関係がせめぎ合ってしまうのは避けて通れない感じです。

P1070924.jpg
ブレーキライトスイッチの配線は断線しておりましたので線を交換してハンダで修理。
スイッチ部先端のプラスチックは生きておりましたので使用可能でした。キルスイッチの赤羽はいつも通り折損しておりましたが。
T140のこのスイッチ、まともに稼働しているほうが少ないと思われます。

装着後
P1070933_2013092900213726d.jpg
ライザー付近のナロー具合がヤバ過ぎて鳥肌が立ちます。
配線を純正金属クリップで止めると更にかっこいいですが、金額が膨らむので今回はタイラップ。
やはりUSタンクにはUSアップハンドルがしっくりくる。ケーブル関係もゆとりが出ます。
スロットルのケーブルはツインキャブの場合、二本引きのほうが同調が狂わず、調整しやすく、タンクのトンネル部分でジャンクションボックスが配線などとせめぎ合わないので良いと思います。というか、個人的にはジャンクションボックスはケーブル関係の癌だと思っています。

P1070936.jpg
結局ハンドル交換ごときにほぼ丸一日かかってしまいましたが、細かいところが気になって色々とやり直したりしていると時間はかかるものです。同業者以外にはなかなか理解していただけない所ではありますが、かっこよくなったので良しとしますかね。

  1. 2013/09/29(日) 00:56:37|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

bottm line vol.7

ヤフーの天気予報によると明後日9/29の天気は晴れですので、bottom line vol.7は予定通り開催できそうです。
二週間延期したのでもう一度詳細を記載しておきます。

詳細: 
9月29日の午前9時、ラウンドアバウト前に集合しまして、前回の如くダラダラ~っとおしゃべりします。その後10時半から砥峰高原までバイクで走りに行き、昼食に蕎麦を食べてから昼寝してまた帰ってくるという予定です。走り足りない人は砥峰からまたどこかに走りに行っていただいても結構ですし、そのまま帰宅していただいても構いません。時間的な都合などで砥峰は行けそうにないという方がおられましたら、ミーティングのみ参加でも全然かまいません。排気量、車種はなんでもありですので奮ってご参加ください。

たいした距離ではございませんが、途中でバイクが調子悪くなった場合は皆で寄って集って何とかする感じで楽しく走破しましょう。
とか言いつつ自分のバイクが調子悪くなったりとかして…。
峠道ですので、皆様タイヤの空気圧ぐらいはきちんとチェックしておいてください。

当日、事故には十分気をつけて、皆で楽しく走りましょう。

3299349474_a5a13ba75f_b.jpg
追記:
トライアンフの場合、この写真のオッサンみたいにしてエンジンを始動すると、サイドスタンドのラグがどんどん曲がっていきますので、エンジンの始動はセンタースタンドを立ててバイクに跨らずに行ってください、参考までに。
ハーレーやその他外車、国産バイクに関しては存じ上げておりません…。



  1. 2013/09/27(金) 19:09:12|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪問

午後からサンダーバードの納車に神戸方面へ行って参りました。
その後TRUE CLASSICさんのお店にお邪魔してきました。

P1070892.jpg

P1070894.jpg

P1070896.jpg
えー、私の店とは大違いでお店の外観も内装もなんかカッコイイと。ということは製作するバイクもこれまたカッコイイと。
オイルのこぼれた床の上に虫の死骸があったりとかしてセンスの欠片もない当店の内外装とはえらい違いですが、今更センスが良くなることもないので潔く諦めることにします。
店主のDAIさんとは初対面なのですが、私が想像していたより相当フレンドリーで、少しの時間でしたが楽しくお話させていただきました。
怖そうとか、店に入りにくそうと思ってらっしゃる方は完全に勘違いです。
ただ、当たり前ではありますが、相手の人間性を見て接するとは思いますがね。
バイクをカスタムしようかなと思ってらっしゃる方は一度訪ねてみてください。



で、サンダーバードを納車した代わりに…。


P1070903.jpg

P1070914.jpg

P1070906.jpg

P1070916_20130924203416261.jpg
Ariel Square Four です。ターナーつながりですが、アリエルに詳しくないので詳細はわかりません。

ちょいと預かっただけですので…。


次の日曜日は天気が良さそうなのでbottom line vol.7は問題なく開催出来そうです。





  1. 2013/09/24(火) 20:08:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日9月24日は、納車の為14:00頃から17:00頃まで不在となります。
申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

vintage-triumph-at-bonneville-motorcycle-race.jpg
  1. 2013/09/23(月) 20:19:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

油断も隙もない

サンダーバードは馴らしで200キロ程走りましたので、オイルを交換。
オイルタンクのオイルを抜き、サンプも抜き、オイル入れようかなと思ったら…。



オイルタンクのフィルター外れてるしっ!

この前オイルタンクの中を清掃した時は外れてなかったのに…。

P1070885.jpg
どうも見た感じ純正ではなくリプロと思われますが、フィルターが接着剤なのか両面テープなのかよくわからないネチャネチャのもので固定されており(そんなもんで固定出来ようはずがない)、とりあえず一旦それをキレイにしてみました。
そのままではフィルター部分がグスグスで固定できないので、シリコンガスケットで接着してやろうかなと思いましたが、フィード側なので万一シリコンガスケット自体が剥がれて詰まったら大変なことになると思い、少し考えた後に違う方法で直すことにしました。

P1070887.jpg
フィルター部分がタイトに決まるように旋盤でリング状のものを製作し圧入。

P1070891.jpg
まあこんな感じかな。これ以上余計なことはしないほうが良さそうなので、これにてコンプリート。

その後、プライマリーオイルを抜いてカバーを外し、プライマリーチェーンの初期伸びをチェックして最終もう一度点火時期をチェック、カバーを閉じてプライマリーオイルを入れました。

来週には納車ですので、あと数日テストして問題なければOKです。

たかがオイル交換するだけですが、 油断も隙もあったもんじゃない…。 

そんなお話でした。


  1. 2013/09/20(金) 22:24:15|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

試運転

夜、というより夜中ですがサンダーバードの試運転。エンジンオーバーホール後はいきなり走行せず、専用オイルで熱を取りながらアタリをつけていく方法を何度か繰り返した後に走行します。この時間帯は交通量が少ないので慣らし運転をするには良いかなと。

P1070872.jpg
途中、友人の店に寄って夕食をいただきました。

P1070884.jpg
とりあえず100キロ程度走行。最初の数百キロの慣らしで後のエンジン寿命が違ってくるので時間をかけてじっくりとやります。
慣らしはまだまだ続きます。
夜は若干肌寒い感じになってきております…。
  1. 2013/09/18(水) 02:15:08|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日、TRIUMPH RIOT 3rdのフライヤーが届きました。

P1070868.jpg

詳細は コチラ

山梨県なので関西、中国地区からはやや遠いですが、トライアンフにお乗りの方は是非ご参加ください。
私は前日にグラッドストーンの日栄氏のところに出向き、当日は日栄氏と共に浜松から出発いたします。

3rdTriumph Riot

ここんとこ毎週日曜日の天気が異常に悪いので、当日は絶好の秋晴れになるように今からお祈りしておきます。



  1. 2013/09/15(日) 21:25:51|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

bottom line vol.7 延期のお知らせ

明日は確実に雨が降りますので、ボトムラインvol.7は2週間後の日曜日、9月29日に延期となります。
よろしくお願いいたします。

3282583385_c22280423c_b.jpg
  1. 2013/09/14(土) 19:37:11|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

休日に

昨日は定休日でしたので、一人でブラッと千種辺りまで走ってきました。
大分涼しくなったので道中は非常に快適。

P1070852.jpg
けっこう何度も走っているところなのですが、もしかしたらノーマークの絶景ポイントがあるのではないかと思い、ひとまず新宮にてお巡りさんにそういったところがないかを尋ねてみました。

が、思いっきり不在でしたので、気を取り直して北上。

P1070853.jpg

P1070856.jpg
信号もほとんど無く、快適にぶっ飛ばせます(法定速度内で)。
日本の田舎道はイギリスのクラシックバイクにはドンピシャの最高の道です。
イギリス本国も田舎のほうはこんな道が多かった気がします(アップダウンが更に多かった気がしますが)。

P1070857.jpg
海より川派の私は、水の透明度が上がるにつれてテンションも上がります。
一人で川に入ってみようかなと思いましたが、アブない人と勘違いされるので自粛いたしました。

P1070860.jpg
道の駅ちくさで昼食にあまごソバを食べましたが、こんな風景を楽しみながら食べれます。田舎最高。
夏場はいつもお子様連れの家族で賑わっています。

P1070867.jpg
200キロ弱、山の中を走りまくって無事帰還。
ツーリングにはもってこいの季節で、9月、10月にバイクのイベントがたくさんあるのも肯けます。

これからの季節、空冷エンジンにダメージが少ない気温になってきますので、皆様ここぞとばかりに走りまくってください。
  1. 2013/09/12(木) 20:40:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プライマリー

オルタネータのロータースタッドが使えないということが途中で判明して、急遽別経路で注文しており、プライマリーが一切手付かずのままのサンダーバードでしたが、パーツが来たので進めます。

P1070827.jpg
とりあえず長さが微妙に違い、ネジを切ってないところの寸法も微妙に違うので、ローターがきっちり締め付けれません。旋盤にて加工、ダイスでネジ山を少し追加で切ってやります。

P1070822.jpg

P1070828.jpg
ステーターのアダプターのスタッドボルトが緩んでいる思って一旦抜いてやると、ネジ山が無くなっていました。危ないところでした。

P1070832.jpg
旅のお供にBSF5/16のヘリサート。

P1070834.jpg

P1070837.jpg

P1070840.jpg
はい、完成。

P1070842.jpg
カバーをつけると全く見えないところですが、SPARXの文字が必要以上にシブい。

P1070844.jpg
ステータのアダプターにステータを取り付けるとスタッドボルトのネジ山が寸足らずなのでスペーサーも旋盤作業ついでに製作。

別体は特にプライマリーの内部が大変なことになっている車両が多いです。この車両はカバーが極上だったのでまだ良いのですが、チェーンはローラーが2箇所破損しておりました。

125CCのリヤチェーンサイズの細いチェーンを使用しているので、すぐに伸びてしまい、調整を怠ると常時プライマリーカバーを削りながら走行している状態になります。

プライマリーチェーンは2000円程度の部品なので2~3年で交換が望ましいと思われます。
主観ですが、別体のトラを購入した際は、乗る前にプライマリーは一度開けたほうが無難かと。
ヘタすると事故に繋がりますので。


サンダーバードはもうすぐ完成して試乗が出来そうです。


  1. 2013/09/09(月) 21:24:51|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご来店

午前中、後輩が遊びに来ておりまして、くだらない世間話をしておりました。午後になって車検に出かけて、3時半頃に戻ってくると、お預かりさせていただいているサンダーバードの方が来られまして、その直後に岡山よりトラに乗ってお客様が来店されました。そしてその直後に近くのXSのお客様も来店されて、あまり人が来ないこの店が本日だけは賑わっておりました。

P1070811.jpg
冬でも寒くない使用になってます。寒い時はバイクに乗るのが億劫になりますが、コレなら多少寒くても大丈夫。
個人的にはこういうのは有りですね。

P1070818.jpg
オリジナルペイントのXS。純正工具まで当時のまま。あと50年ぐらいはこのままの姿であり続けて欲しい。

平日はいつも一人でいるのですが、本日はとても賑やかでした。
ご来店ありがとうございました。
  1. 2013/09/06(金) 21:04:30|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせ

明日9月6日は車検のため13:30から15:30ぐらいまで不在になります。
申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

AGOonT150.jpg
  1. 2013/09/05(木) 20:29:12|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グズついたお天気

一日中降ったり止んだりののグズついたお天気で一切誰も来ないのでひたすら6Tのエンジンを組んでいました。
まだ途中ですがかなり進みました。
P1070801.jpg
ロッカーフィードパイプがグニャグニャですが、オーナーさんと相談して交換せずにそのままいくことにしました。この状態から正しい形に戻そうとするとクラックが入る可能性がありますし、機能面は今のところ問題ないので。まあタンク付けるとほとんど見えなかったりしますしね。
在庫はしてあるのでダメになったときに交換すれば良いでしょう。ダメになるときはオイルが漏れまくるかもしれませんが、何でもかんでも新品に交換すると費用がどんどん膨れ上がってしまいますし。その他の悪いところも、また折を見て予算に余裕のある時にやるということで。


鉄ヘッドはプッシュロッドチューブの上部がヘッドではなくロッカーボックスに入り、ロッカーボックスからのオイルリターンは外側のリターンパイプを通ります。銅ガスケットが余分に12枚必要になってくるうえに、組むのも面倒です。プッシュロッドチューブ上下の角断面Oリングの厚みをきっちり選定したうえで、負担がかからない感じでリターンパイプのボルトを取り付けてロッカーボックスを組み込みます。
通常Oリングは下側に厚いやつ、上側に薄いやつが入りますが、このエンジンは元々下側に普通のOリング、上側は液体ガスケットもりもりで角断面Oリングが入っていて、リターンパイプもその感じのクセがついていたので、それに合わせてつぶし代を計算したうえで上下の角断面Oリングを選定しました。
角断面Oリングは厚いやつ、中ぐらい、薄いやつの3種類と、材質も固め、ふつう、柔らかめの3種類を在庫していて、その都度選んで使用しています。
これだけ時間をかけて作業しても、エンジンかけて走行した後にオイルが滲んでくるみたいなこともあるので腹が立ちます。やり直しほど悲しいものはございませんので。

ロッカーボックス、インマニ、オイルジャンクション、サンプのガスケットはグラッドストーンメタフォーム、インスペクションキャップはファイバーではなくフッ素Oリングでオイル漏れを最小限に抑えています。

P1070806.jpg
プライマリーはインナー、アウター共に程度極上ですが、組む途中で妙なことに気が付きました。分解時には全く気付かなかったのですが、インナー側をクランクケースに固定する前側の3本のボルトのは長さは15/16ですべて同じはずなのに、なぜか1本だけ1-3/16でちょっと長い。おかしいなと思ってパーツリストを見ても、その長さのボルトはプライマリーには使用されていないので、タイミングカバーのボルトと入れ替わったかなと思いましたがどうやらそうでもない。というかネジ類も各パートに分けて保管していたので入れ替わるわけがない。
少し考えた後、今回私が分解していないところで同じプラス頭のボルトを使用しているところと過去に入れ替わった可能性があるなと思い、パーツリストでギヤボックスのところを見るとビンゴでした。ギヤボックスのアウターカバーのボルトと入れ替わってました。過去にどこかのよその店の人が整備したときに、ネジ類をごちゃ混ぜにして確認せずに組んだのでしょう。
そのちょっと長いボルトではドン付き当たってプライマリーのインナーカバーが固定できないので、今までは2本で固定されていたのと同じ状態だったわけですね。

クラシックバイクは過去に色んな人の手が入っているので、間違った組み方をされていることが多いです。
プロが組んだとしても、専門知識がないと意外にちゃんと組めてないこともありますし。

グズついた天気の中、一人で黙々と作業していたので、ブログの内容もイマイチ面白みに欠ける内容になってしまいました。

全てグズついたお天気のせいではないかなと思っています。









  1. 2013/09/03(火) 00:45:26|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
準備 (7)
修理 (84)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (87)
お知らせ (71)
イベント (20)
その他 (23)
戯言 (23)
パーツ (15)
FOR SALE (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR