Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

社外パーツも色々

先日パーツが到着した中から試験的に注文していたWASSELLのキャブ。

P1070370.jpg
本家AMALと見た目は同じでいわゆるコピー品。しかしながら作りはまずまず悪くないと思います。事前にグラッドストーンより製品に関する情報は頂いておりましたが、自分でも分解して色々と寸法を測りながらチェックしてみました。部分的に弱点はあるものの、大幅な改善を必要としないのでこのキャブは悪くないと思います。フロートもステイアップタイプで油面調整可能ですし。スライドもハードコートしてあればよかったのですが、そいつは別売品。当たり前ですが使用前は本家AMALと同様の対策が必要になりますのでそのままポン付けというわけにはいきません。
お値段もAMALより5000円程度安くて当店では一個16000円で販売してますので、どうしてもAMALじゃないとって人でなければ結構お勧めです。耐久性に関しては経過をみてみないと何とも言えませんが。
AMALのキャブも注文していますが一向に届く気配がないです。メールをしても反応ないですし。この供給の悪さゆえにこういったものがあるのかなと思ってしまいます。

P1070366.jpg
で、このバイク、燃料タンクのなかでプカプカ浮いているものがありました。コックのフィルターが外れてしまっていたようです。外すとシールワッシャーも見事に分解、当然再使用は不可。

P1070369.jpg
これは新品ですが、こいつもこのまま付けるわけにはいきません。コックを回して内部のガスケットが一緒に動いていないかなどのチェックが必要です。コックがオンの状態でも全くガソリンが出てこないやつもあります。英車パーツは新品でも全て疑ってかかることが大事です。これは結構安いタイプのコックですが、コックも色々と種類がありまして、高くてとびきりいいやつから、値段そこそこ性能そこそこみたいなやつまでありますので、やはり店サイドとしましても色んなものを使ってみて吟味していくことが必要かなと日々感じています。

  1. 2013/06/29(土) 20:04:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日の業務

本日イギリスよりパーツが届きました。

P1070361.jpg
相当無造作に散らばっておりますが、消耗品などを中心によく使いそうなものを充実させておきました。ですが、まだまだ足りないものも多いです。トライアンフのものだけですが、ある程度の在庫はしておかないと修理の時に困るので、今後も少しずつパーツストックを増やしていきたいと思っております。それに付け加えて、英車のパーツはある意味チャレンジも必要になってきますので(使用可能かどうかのテストが相当必要です)、今回もそうですが、今まで使ったことがないもの、試験的に使ってみたいものなどもちょくちょく注文してみようかと思っています。

パーツだけの注文も承っておりますので、メール、電話にてお問い合わせください。

この後、このパーツ達を片付けていると、またもやコンテナボックスが足りないという事態に陥りましたので、明日の定休日を利用して補充しようかなと思ってます。米インチのネジ類も調子に乗って買いすぎたために、ストックのコンテナから溢れてしまいました。

そろそろ暑くなってきました。以前から友人に手伝ってもらいながら少しずつオリジナルTシャツのデザインをしていて、デザインはほぼ完成したのでぼちぼち発注しようかというところです。いやいや、発注するのが遅すぎるでしょ、という声も聞こえてきそうですが、夏本番はこれからなのでまだ間に合うと思います。というか私は一年中Tシャツを着るので、夏に間に合わせないとダメということもないんですが。ただ単純に自分が作業中に着たいという理由から作ったので、ひとまずそんなにたくさんは作りませんが欲しい方がいれば言ってください(余っても困るのでそんなにたくさん作りません)。

P1070363.jpg
デザインは大体こんな感じになってます。ちょっと加筆するかもわかりませんが。
いやいや、ビンテージTシャツのパクリじゃないですか、そんな批判もありそうですが、個人的にかっこいいものは何を言われようがかっこいいと思いますので、パクリでもなんでもとりあえずは作ります(少量ですが)。
色は字の部分がホワイトなのでボディはネイビーでいこうかと(ブラックとかブラウンも少し作ろうかな)。
ユナイテッドアスレの6.2オンスで作ってみようと思います。

いやー、私だけかもしれませんが、出来上がりが非常に楽しみです。

  1. 2013/06/25(火) 23:40:35|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

検証

少し前に入手したオートレースで使用されていたというコンセントリックMk1を検証してみました。生まれも育ちも兵庫県なのでオートレースというものには馴染みがないです。50年代には園田にオートレース場があったらしいですが(数年で閉鎖)、昔過ぎてよくわかりません。というよりSMAPの森クンが選手に転身するまで存在そのものを知りませんでした。グラッドストーンで修行していた時に、一度興味本位で浜松オートに観に行ったことがあるのですが、爆音とバイクのかっこよさに度肝を抜かれました(観に行っただけなのでギャンブルはしていません)。

P1070344.jpg
左が通常の932、右がオートレース用の932。一見どちらも同じに見えます。

P1070352.jpg
画像ではわかりにくいですが、内径が1ミリ拡大してあり33ミリになっています。1000シリーズ一歩手前。

P1070346.jpg

P1070349.jpg
スライドにボルトがさしてあります。スロットルストップスクリューは切断されて単なるフタに。レースではアイドリングは無視です。

P1070348.jpg
メインジェットが加工されており、ミクニのジェットが付いています(ジェットもいっぱい入手しました)。全長も違いますね。

P1070358.jpg
ドレンプラグはソッコーでジェットが交換出来る仕様。バンジョーがシブい。ネジ部は1/4BSP。

当時の選手達の速さに対する情熱が随所に見られます。機会があれば何かに取り付けてみたいなとは思いますが、それなりにチューニングしたバイクじゃないと意味がないし、それどころか一生セッティングが出んかもしれませんね…。
  1. 2013/06/21(金) 19:44:34|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせ

明日6/18、午前中は車検に出ていますので不在になります。

P1070343.jpg
委託販売車両の納車整備。この車両に関しては内々で話が進んだのでブログで紹介しませんでしたが、また委託販売車両などがありましたらブログにて紹介させていただきます。

P1070325.jpg
ハブとドラムの連結ボルトナットが全て緩んでいたので念のためロックタイトも縫って増し締め。よく緩んでいるので要チェック。

P1070327.jpg
シューの組み方が間違ってますよ。シムも入ってないです。ブレーキはしっかり組まないと事故の元です。
正しく組みなおし、清掃及びグリスアップをして組み込む。

P1070340.jpg
試運転してみましたが、どうも調子が悪い。走りももたついた感じ。点火時期を調整しようとタイミングライトで見てみたところ全く進角しない。進角のガバナが錆びついて動いていませんでした。鬼のルーセン攻撃のあとプーラーで分解、2000番耐水ペーパーでサビを落とし、ハイテンプグリスを塗って復活。

P1070342.jpg
オイルシールの向きが逆ですよ。これではいくらでもオイルが出てきます。

分解するといろんなことが発見できるものです。絶好調と思って乗っていても意外と落とし穴はたくさんあるものですね。
しかしこの車両、一体誰がこんな組み方をしたのか…。
  1. 2013/06/17(月) 21:05:43|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来店

本日は、いつもお世話になっている先輩が、お祝いを持ってわざわざ大阪から駆けつけてくださいました。

P1070333.jpg
いつもながらこのコマンドはぶっちぎりかっこよく、オーラが相当ヤバいです。ずいぶん前に一度乗せてもらったことあるのですが、その後エンジンを分解、チューニングを施してあるとのことなので、以前より過激になっていること間違いなしです。

P1070336.jpg
このお方、英車キャリアも私なんかより全然長く、造詣も深いです。今現在は大阪にお住まいですが、地元が私の隣町ということもあり、以前から親しくさせていただいてます。毎回会う度に色んなネタを持っているし、英車全般に異常に詳しいので、いつも何かと勉強になってます。2時間程の滞在でしたが、相当おもしろかったです。爆裂サウンドを響かせながら大阪へと帰っていく後姿を見ていると、ウーン、コマンドもええなーと浮気心が出てしまった所存でございます。タンカレー、ありがとうございました。
  1. 2013/06/16(日) 22:27:02|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1969 T120 フロントフォーク

フロントフォークのオイル漏れが酷いということで修理いたしました。走行中、フォークの動きもゴツゴツした感じでスムーズではなかったので、ついでに各部チェック、修正、清掃。P1070304.jpg
フォークのボトムを直接バイスで挟むと塗装を傷付けてしまうので、別に用意したシャフトをバイスに固定して、更にフォークを固定。この時にシャフトとフォークの垂直具合もチェックします。具合が悪ければ要修正。

P1070306.jpg
SSTでシールホルダーを外します。フックレンチみたいなものでも回せますが、当店は看板にTRIUMPHと書いてある以上、専用工具を使います(無駄にパーツを傷付けたくないので)。

P1070307.jpg
Oリングがカチカチになり切れております(しかも全く違うサイズのものが入ってました)。69年と70年はこのOリングが入っていますが、まあこれがなくてもシールホルダーのネジ部に液体ガスケットを塗るので漏れてはきませんが、一応正規のサイズの新品に交換。オイルシールも当然交換。

P1070309.jpg
フォークのブッシュ及びシャトルバルブの取り外しにはこれまたSSTが必要です。60年代のフロントフォークを分解するとロワーブッシュの固定ナットは大体タガネかマイナスドライバーでどつかれた痕がありますが、当店は近くに平成の大改修中の世界文化遺産、姫路城があるので、同じく文化遺産であるトライアンフの修理には、姫路城の改修に従事している職人達に恥じぬように専用工具を使います。

P1070310.jpg
組みあがったフォークを車両に装着するのもSSTを使います。というかこれがないと、組むのが不可能なのではないかと考え込んでしまうぐらいやりにくいと思います。

組みあがって試乗しましたが、以前のゴツゴツ感もなくなりスムーズな動きになりました。
たかだかフロントフォークの分解ですが、数種類のSSTが登場いたします。なくてもなんとかなるんでしょうが、如何せん世界文化遺産、姫路城が近すぎるのでテキトーなことは出来ません。
もう少し姫路城から離れたところで店をやればこんなにたくさんの工具を買わずに済んだのに、と思う今日この頃です。
  1. 2013/06/13(木) 22:52:08|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電話とインターネット回線の開通

ようやくインターネットと電話回線が開通いたしましたのでお知らせいたします。

もう一度改めて店舗情報を記載いたします。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 元町西ビル104

電話&FAX  079-227-2871
メールアドレス rounabout@gaia.eonet.ne.jp
営業時間    AM11:00~PM8:00 
定休日     水曜日
  
姫路バイパス中地インターを北上、名古山トンネル手前の車崎東交差点を右折、左側に並んでいるビル群の四つ目の一階店舗になります。店舗前の道路は午前8時から午後8時まで駐車禁止にはなりませんのでお車でもお越しいただけます。

今後共よろしくお願いいたします。
P1070323.jpg
  1. 2013/06/12(水) 21:08:24|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休業のお知らせ

6月8日土曜日は、実兄の結婚式に出席のため休業とさせていただきます。
申し訳ございませんがよろしくお願いします。
P1070277.jpg
  1. 2013/06/06(木) 10:16:29|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせと作業内容

せっかくお客様に足を運んでいただいたのもかかわらず、私が店を開けるのが遅かったためにお帰りになられたということがございました。大変申し訳ございませんでした。実は当店、11日にインターネットが開通する予定でして、それと同時に電話も設置出来るようになるので、それまでの間は午前中、自宅で海外のパーツ屋にメールを送ったり、色んなところにFAXや電話をしていまして、その後ホームセンターに行ってから店に行く日もあるので、お昼ぐらいに到着する時もあります(決して寝坊しているわけではございません)。ですので12日からはオープンの時刻には行くようにします。

当店の営業時間と定休日ですが、

OPEN 11:00  CLOSE 20:00  定休日 水曜日  とします。

よろしくお願い致します。

ただ、一人で店をやっている都合上、日中どうしても出かけなければならないこともございますので、そのときは入り口に大体の戻ってくる時刻を記しておきます。申し訳ございませんがよろしくお願いします。
午前中に車検に行くときなど、前もってわかっている場合は、前日にでも当ブログにてお知らせするようにいたします。

本日の作業の一部ですが、この前から預からせて頂いているT140に当時物?の社外エキゾーストクランプを取り付けいたしました。P1070273.jpg
今現在新品で入手できるモノとはフィンの部分の丸みがちょっと違って、トゲトゲしくなり過ぎずにしかしながらしっかりと主張する感じで、オーラ全開のパーツです。このパーツは随分前から私が持っていたものですが、特に使う予定もなかったので今回放出することにしました。ただ、内径がエキパイより少し大きかったため(しかし650のエキパイにも合わないので、何用なのかわからない)、スリット入りのスペーサーを作り、旋盤で寸法を調整して取り付けました。こういう当時物のパーツ、特に機能面でどうこういうことはないんですが、やはりかっこいいですね。かっこよければいいんです!みたいなのもオートバイの魅力のひとつですので…。

続きまして、これはトライアンフのものではないんですが、ドラムブレーキのパーツを作って欲しいという依頼があったので作ってみました。P1070274.jpg
モトグッチのツーリーディングのリンケージ部のピンです。鉄で作るとメッキをかけなければならなくなるので材料はステンレスで作ってみました。当店は旋盤があるのでそんなに難しくないパーツであれば作れます。ただ、私自身、旋盤の達人ではございませんので出来ることに限界があります。旋盤は基本、イギリスからはるばるやってきたガッデムパーツ達に追加工して使用できるようにするために使っております。そして当店はモトグッチなどのイタリア車やBMWなどのドイツ車は知識が皆無ですのでヘビーな修理などは基本的に出来ません(出来ないことは出来ないと断ることも必要と思っていますし、出来そうであればチャレンジはしてみます)。

当店はトライアンフを中心とした英車屋です。今後共よろしくお願いいたします。


 
  1. 2013/06/04(火) 00:27:24|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
準備 (7)
修理 (87)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (88)
お知らせ (74)
イベント (21)
その他 (24)
戯言 (24)
パーツ (16)
FOR SALE (7)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR