Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

そんなところに拘る?

この仕事をやっていると、アレがあればもっと良くなるのにな、ということが日々ありまして、そのことが頭の片隅にずっと停滞しています。

P1050383.jpg
最近のレプリカLUCASテールランプですが、配線がヘボ過ぎて振動でギボシのカシメ部分の根元でブチ切れてしまいます。
ジャパニーズギボシだとスリーブで配線と端子が全体的に覆われるので大丈夫なのですが、イギリスギボシだとスリーブで全体が固定されないのであっけなく千切れてしまいます。ただ、この部分は見えるとこなので出来ればイギリスギボシでやっておきたい。
配線の色もLUCASのカラーではないので気に入らないところではありました。

P1050384.jpg
ただ、この電球ソケット部分の端子が一般的には手に入らず、端子がない=配線が変えれない、という何とも歯がゆい状況が何度もありました。
随分前に結構探したのですが、いくら探しても見つからないので半ば諦めておりました。

P1050387.jpg
しかし今回はハーベストムーン吉田氏の粋な計らいで端子をゲットすることが出来、この部分の修理が可能になりました。
吉田氏の話では、やはり一般的には入手困難とのことでした。かなり特殊ルートでのみ入手できます。
この端子に鋭く反応するのはアナタぐらいですよ、と吉田氏に言われましたが、他の店は困ってないのか?と疑問に思いました。

P1050390.jpg
LUCASカラーで修復完了。メインハーネスが純正カラーならば、誰が外しても間違わんでしょう。
もちろん屈強で銅線タップリ、でも細いという当店で使っているシンウォールケーブル。値段は高いけど最高の配線。

P1050392.jpg
PVCスリーブも通してスマートに、尚且つギボシの根本は念のため収縮チューブで補強。コレで問題ないでしょう。

細かいところにばかり拘り過ぎて懐を圧迫し、店が潰れる日もそう遠くないのでは、とよく思います。



  1. 2018/02/24(土) 21:26:47|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

世の中はそういうものなのかもしれない

雑誌に騙され、インターネットに騙され、最後は人に騙される。
まあ生きてればそういうこともあるのかもしれませんね。

P1050346.jpg
諸般の事情により車両全体の画像はとても載せれませんのでズーム画像のみでいってみます。
「クラッチは入念にやった」 とてもそんな風には思えませんが、個人差があるのでしょうか。

P1050350.jpg
とりあえずこういう旧式なものは当店では使用しません。進化系にしていきますので。

P1050354.jpg
すり減ったバックプレートゆえのガタの多いクラッチ周辺。なるほど、入念にダンパーラバーは交換してありますね。
1BAのカウンターシャンクスクリューはいとも簡単に緩みましたが、そんな締め方では後々大変なことになります。

P1050357.jpg
気づかなかったのか、わざと放置したのかは知りませんが、危ない所ではあります。

P1050360.jpg
とりあえずギリまで根元をほじくって危うい感じだけは回避しておきましょう。

P1050361.jpg
スリーブを通して根元は最後にシリコンで固めて、しばらくは大丈夫なようにしておきました。

P1050368.jpg
ロッカーボックスの隅の1/4ボルトが入る部分ですが、ネジ山がズタボロです、しかも4か所共。
画像ではわかりにくいですが、察するに元々BSFの所にUNCが入れられて、再度BSFがぶち込まれた感じです。
これは確信犯。まさかBSFのヘリサートを持ってなかったとか?エンジン全分解してますよね?
気づかなかったとしたらそれはそれで問題ありですよ。
他にもツッコミどころはたくさんありましたが、めんどくさいのと呆れてくるので割愛します。
オーナーは相当なお金を払って車両を購入されてます。リヤのブレーキシューぐらい交換しといてあげれば。

多分この作業をした人は当店のブログなど見てないでしょうから、何食わぬ顔して生活してるでしょう。

もし見る機会があって気づいたのであれば、多少なりとも反省していただければなと思います。







  1. 2018/02/13(火) 19:57:36|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

骨董品レベルです

最近はクラシックバイク本体も高いですが、メーターなんかもビックリするぐらい高価なものになっております。
クロノが高いのはわかりますが、マグネティックまでまあまあの値段という世の中です…。

P1050305.jpg
盤面とトリップノブの交換でクロノを分解。
餅は餅屋、メーターはメーター屋かと思いますが、そこまで難しい作業ではないので私がやっております。

P1050307.jpg
トリップノブは過去に折れたのか、短くて尚且つハンダ盛々だったので交換。
盛ってあったハンダが邪魔で外れなかったので削って外しました。

P1050312.jpg
塗装がボロ過ぎたので、一旦下地を出してから密着材を塗布して塗装。綺麗になりました。
実は塗装が一番時間がかかりました。結構面倒くさいんですよ、とアピールしたいところですが、簡易で塗装したわりには綺麗になったので良しとしましょうか。
マウントボルト部分も修正してナットもリニューアル。ここのネジの規格が一体何なのかわかっていない人が多いのか、よく傷んでるのを見ます。ココのネジ山が終わると大変面倒なことになるので気を付けてください。


骨董品レベルの高価なパーツ達は大事にしましょう。






  1. 2017/12/09(土) 21:16:25|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

BSAユニットシングルは奥が深い

トラカブから派生してC15、B40、B25、B44、B50など多くのモデルがあるBSAユニットシングル系。
単気筒なのと価格が比較的安いという理由から簡単に手を出しがちですが、そんな甘いものではないです。
年式、型式などによって多くの変更点があり、非常に奥が深く、単純に修理という観点からすれば、あるいはユニットのトライアンフよりも難しいかもしれません。

P1050289.jpg
SRM製のオイルポンプを組むためにB44のタイミングサイドインナーカバーの加工をしている画像。
オイルポンプひとつにしても何度か変更されており、B44のアンチモン2スタッドオイルポンプは非常にヤバいのでB50などに使用されているキャストの3スタッドにするかSRMのビレットのハイキャパにするのが無難。どちらもノン加工では付きませんが。

P1050291.jpg
クラッチ付近はユニットトライアンフのモノに近いのでわりと造りはいいのですが、クラッチスプリングスタッドとバックプレートの結合部分の造りが個人的には解せないです。プライマリーチェーンが金属のテンショナーブレードに直当てなのもどうかと。

P1050302.jpg
A65も含めてこのシフトクオドラントは先端のシフトペダルが付くスプラインが結構ズタズタになります。補修用の先端部分を溶接して再使用するのですが、このあたりの修理も結構難しいです。シャフト部分の途中のちょっと波状の跡があるところが継ぎ足し溶接の部分です。

P1050245.jpg
こんな感じで…、

P1050251.jpg
継ぎ足します。

P1050297.jpg
このパーツ、赤い部分はクランクケースにはまり、シャフト部分はインナーカバーとアウターカバーを貫通してくるので少しの曲がりでロックして回らなくなります。例によってロックしたので修正していきます。

P1050295.jpg
先端部分が1ミリほど振っていたので、ダイアルゲージで確認して一旦外して修正してまたチャックして確認、というのを5回ほど繰り返して0.1ミリぐらいのところまで修正。
修正方法はあえて書きませんが、若干のパワープレイで、それ以外の方法もないので壊さないように慎重にやるだけです。

P1050300.jpg
そして何とか事なきを得るというところです。
頭のナメ腐ったカバースクリューは当然新品に交換します。
いつも思いますが、ポジドライブのスクリューを回すときは、当たり前ですがポジドライブのドライバーで回してください。
ポジドライブのドライバーを買う気がなく、フィリップスのドライバーで回そうかなんて考えている人は歴史に対する冒涜行為にあたるのでポジドライブのスクリューを回さないでください。

トライアンフユニットツインに歴史があるように、BSAユニットシングルにも歴史があります。
双方共に魅力があり、どちらの修理も非常に難しいと私は思います。









  1. 2017/11/25(土) 21:16:38|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

破壊が進む

この世に永遠は無い。

人間が歳をとるように、同じように見える自然の風景も実は少しずつ変化しています。
山は崩落し、川の形状は土砂等で微妙に変化していっているのが事実です。
永遠というのは人間が生み出した非常に勝手な思想かと。
たまに耳にする永遠の愛なんて言葉は、北極圏でも瞬時にヘソで茶が沸くでしょう。

ストロベリー・フィールズ・フォーエバーはなんとなく永遠な響きがしますが、それすらも勝手な思い込みなのではないかということを今は感じています。
ジョン・レノンの存在に救われた人は数知れずといったところですが、かく言う私もその一人だったりします。(どうでもいいですが)

P1050234.jpg
T140は最も燃料タンクに負担がかからないタンクマウント方式を取っていますが、それでも割れてしまうというのがトライアンフの振動の恐ろしい所。乗れば乗るほどどこかがおかしくなっていくという破壊振動。この度は車検整備中に発見しました。
別体のタンクやユニット650のタンクなどは、昨今マトモな状態のものを見ることのほうが少ないので、時間の経過や走行距離の増加と共に全てのトライアンフの燃料タンクは破壊されていっていると考えて間違いなさそうです。オイルタンクもまた然り。

振動の具合から察するに、圧縮比は650で8:1、750は7.4:1ぐらいが望ましいのではと個人的には思いますが、皆さんパンチを求めてらっしゃるのと、650の8:1なんてNOSピストンしかないのでどのみち無理ではないか、という悩ましい問題が常にあります。

P1050237.jpg
キャップを開けると、わりとわかりやすい感じでクラック発見。
このタンクはオリジナルペイントが残る貴重なタンクですが、クラックが裏側だったのは不幸中の幸いです。

永遠の程度極上。
そんなものは無いってことですね。








  1. 2017/10/05(木) 21:02:33|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
準備 (7)
修理 (91)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (90)
お知らせ (76)
イベント (21)
その他 (24)
戯言 (26)
パーツ (16)
FOR SALE (8)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR