Roundabout Motorcycles ラウンドアバウト モーターサイクルズ

兵庫県 姫路市 トライアンフ TRIUMPH 英車 バイク

2017年始動

皆さま、新年あけましておめでとうございます。
うっかり挨拶が遅くなってしまいました。

さて、こんな仕事をやっておりますと、新品のパーツに加えて中古のパーツなどを買ったりすることがよくあるのですが、これが意外と難しくて、パーツ眼力高めの私でもたまにハズレを引いてしまったりします。
元々そんなに期待していないので、ハズレでもしゃーないかなーぐらいで買ってはおりますが、出来ればハズレは無いほうが良いように思います。

最近買った中古パーツをご紹介。

P1040965.jpg
左:オイルタンク *程度上 70年以降の容量が最もデカいオイルタンクですが、微細な凹みがある以外は良好。ステー部分はお約束のクラックがありますが、クラックがないほうがおかしいので問題なし。どうせ直すし。なぜか内部にオイルまみれのゴキブリが死んでいましたが、アメリカンジョークってことで。

真ん中:フォークのボトム *片方不良 画像だけで69年のボルト穴がUNFのフォークだと判断出来れば相当な変態です。片側は致命的に使えずゴミでした。片側が使えるだけでも良かったじゃないか!と自分に言い聞かせる以外、夜ぐっすりと眠る方法は存在しません。

右:ステム *程度まあまあ スレッド部分を目立てやすりで修正すればいいセンいってる。ステム調整ナットが緩い状態で走っていたのか、ちょっとそんな痕跡がありましたが使用に問題ないところなのでドンマイレベル。

P1040967.jpg
左:5速ミッションコンプリート *程度最高 高年式のものをわざわざ狙っていったので酷使されたような感じはなくドッグなども良好。組んでみるとおかしな症状が出るかもわかりませんが、組んで乗ってみるまでわからないので出たとこ勝負。日頃の行いで運命が分かれるところか。

右:71年ヘッド *程度最高 ヘッドの見極めはわりと難しいのですが、コイツはアタリ。全てのネジ山問題なし。バルブシートも問題なし。バルブガイドはどうせ交換するのでどうでもよし。

ってな感じでちょくちょく中古パーツを買っては一喜一憂しておりますが、失敗するたびにまだまだ修行が足りんな、とか思います。
そんな若輩者の私がやっている、いつまで続くかよくわからない当店ですが、今年も何卒よろしくお願いいたします。



注: 基本的には当店で使用するパーツです。単体での販売はやっておりませんので悪しからず。



  1. 2017/01/10(火) 22:14:44|
  2. パーツ
  3. | トラックバック:0

年末年始営業日のお知らせ

年内は30日まで、年始は5日からの営業となります。29日と30日は少し早めに閉める予定です。
よろしくお願いいたします。

triumph-tsx-primary.jpg



  1. 2016/12/26(月) 21:16:08|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0

資源を大切に

めっきり寒くなっております。本日は、モノを大事にして根気よく磨きましょう、意外と復活しまよす的なお話です。

P1040961.jpg
英車に使用されているダンロップ、ジョーンズのスチールリム。製造から3~40年以上経っておりますが、放置車両でも根性で磨けば輝きを取り戻す可能性があります。バッテリー液がかかってしまってるやつとかは綺麗になりませんが、小錆が浮いている程度であれば、磨けば綺麗になります。この当時のメッキはかなり上質なように思います。

P1040963.jpg
見た目かなり汚かったリムも根性で磨けば前後輪ともに綺麗になりました。リプロに交換すれば手っ取り早く綺麗にはなるのですが、オリジナルダンロップリムは非常に魅力的なので私は好きです。
たまに過去の作業者によってタイヤレバーのキズが付いていたり、酷いやつだとメッキがはがれてるほどのダメージのモノも見かけますが、チョット悲しくはなりますね。

歴史を感じるパーツは出来る限り大事にしましょう…。






  1. 2016/12/18(日) 21:50:58|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0

悲しき運命

英車の中でも修理のための新品パーツがかなり揃うトライアンフではありますが、無いものも結構あったりします。

P1040949.jpg
650のクランクシャフトなどは現在のところ生産されておりませんので、丁寧に扱っていただきたいところではあります。
緩んでもらっては困るフライホイールボルトですが、二度と緩まないのもいかがなものかと。スラッジチューブの清掃は金輪際するなということか!?

P1040952.jpg
ココを溶接する必要が本当にあったのだろうか。合計4か所やられておりサノバビッチ。

P1040951.jpg
ローターのキー溝はお約束ではありますが、こういうことも無いに越したことはない。

P1040955.jpg
ビッグエンドジャーナルは測定してみるとほぼスタンダードサイズではありますが、わかる人にはわかるオイルラインの穴部分の形状。いやいやそんなわけないだろうということです。パッと見は普通ですが、トライアンフ専門店は見逃しません。
以上のことにより、このクランクは怪しすぎるので人目のつかない店の端っこにそっと封印されることになります。

ついでに言えば、このエンジンはそもそもオイルポンプのフィード側がおかしかったので、今までに色々あったんだろうと推測します。
過去のアホな作業者によってこうやって貴重なパーツがまた一つ悲しい運命を辿るわけですが、今更言っても仕方ありません。

当店でキッチリやり直して再び世の中に出て行ってもらうことにいたしましょう。


  1. 2016/12/09(金) 21:54:55|
  2. 修理
  3. | トラックバック:0

細かいことやってます

埼玉県の某専門店から電話がかかってきて、ブログの更新が今一つなのでは?というお言葉を頂いてしまったので更新してみます。

P1040933.jpg
よく使う1BA、2BAなどのタップダイスは持っておりましたが、なんとなく欲しくなって他のBA系のタップダイスも購入してみました。BAのタップダイスや工具が無いような店は英車の修理なんかするんじゃねえ!とは言いませんが、あったほうがなにかと便利だったりします。ハイスなのでチョイ高め。

P1040936.jpg
BAのカッコいいスクリューをたくさん持っているということに今更ながら気が付いたので、それを活用するために買ったようなところです。

P1040939.jpg
ついでに1~6ミリまでの0.1ミリ刻みのドリルもなんとなく買ってしまいました。6~10ミリの0.1ミリ刻みは持っているのですが、コレは持ってなかったので。三菱とかの良いやつではなくて安物です。たまに寸法測ったりするときにも役に立ったりするので便利です。

P1040932.jpg
これらを利用することにより、ビンテージのスイッチがカッコいいスロッテッドスクリューでキマります。因みに4BAです。
ミリのマイナスネジも持っているのですが、3ミリだとスイッチの穴に対してユルく4ミリだとタイト過ぎてドリルが狙いにくいので3.5ミリ付近の4BAということです。
オーナーの喜ぶ顔が見たいというより、どちらかといえば自己満足のほうが強かったりします。

P1040941.jpg
ドリルで二か所穴を開けてタップたてるだけといえばそうなのですが、スイッチ本体がこんな形状ゆえに少しのズレで全てが台無しになるという緊張感のもとで作業しています。工賃には緊張代が入っています。

P1040929.jpg
店の近所の公園の木々が綺麗に色づいていました。こういう景色を見ると、細かい作業をチマチマとやっている自分に対して「なんて小さな奴なんだ」とか思ってしまいますが、まあ仕事なのでやらざるを得なかったりします。


  1. 2016/11/15(火) 22:09:07|
  2. 作業
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

Roundabout

Author:Roundabout
兵庫県姫路市にてトライアンフを中心としたクラシックバイクを展開。

〒670-0049
兵庫県姫路市元町113-1 
元町西ビル104

営業時間11:00~20:00
定休日 水曜日

電話&FAX
079-227-2871

メールアドレス
roundabout@gaia.eonet.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9)
準備 (7)
修理 (74)
バイク (15)
ガッデム! (3)
作業 (85)
お知らせ (68)
イベント (19)
その他 (22)
戯言 (23)
パーツ (14)
FOR SALE (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR